2006年07月07日

■新しい仕事場を契約

8月から仕事場を別途借りることにした。今日は七夕、大安吉日。不動産屋にて物件の契約を済ませてきた。

この物件、6月半ばにインターネットで見つけて、翌日には内見に行った。場所は豊島区雑司が谷。都電荒川線の鬼子母神駅から歩いて5分ほどの場所である。JR山手線目白駅、池袋駅からだと徒歩15分ちょっとぐらい。物件は元は美容院というより、昔ながらの“パーマ屋さん”という言い方がしっくりくる昭和の香りただよう造作。地元の人しかやってこない小規模な商店街の一角にある。

雑司が谷は何かと縁がある土地で、私の同居人は雑司が谷で生まれ育っている。今は東京音大の校舎になってしまったが、鬼子母神病院で生まれ、今回借りることになった物件のすぐ裏手にある、旧高田小学校(現在は統廃合され校舎のみが残る)に通っていた。

そのため、同級生や知り合いがこの辺りにたくさん住んでいる。毎年10月に行われる鬼子母神の御会式には、私もここ15年ぐらい参加していて、楽しみにしているお祭り。

それから、お世話になっている高尾事務所もすぐ近く。私はこの事務所でホームページ制作やソフトの勉強をさせてもらった。社長の高尾さんとはその後も写真展などでご一緒させていただき、神楽坂・アユミギャラリー、サンポイズムのご縁にも繋がった。私のデジタル師匠として頭の上がらないお方である。

繁華街の池袋に近いのに、中間にある鬼子母神、大鳥神社、巨大な雑司ヶ谷霊園がクッションとなって、雑司が谷はまるで「村」のような風情となっている。実際、町全体の高齢化が進んでいて、道行く人はお年寄りが目立つ。子供が少ないから小学校も中学校も統廃合でなくなってしまった。大型スーパーもない。山手線円内の「取り残された町」と言ってもよい。

だから雑司が谷が好きなのだ。

これは負け惜しみでもなんでもなくて、雑司が谷にはたくさんの路地があり、坂道があり、井戸があり、古い家々が残っている。町が熟成している。ここには、なんちゃらヒルズが逆立ちしたって真似のできない、庶民が積み重ねてきた生活を感じることができるのだ。

そんな町で、これから仕事ができると思うと一人ニヤニヤしてしまうのだが、真夏の一番暑い時に、内装工事や棚作りをしなくてはならないし、事務所兼倉庫として使うためにクリアしなくてはならない事項もたくさんあり、しかも、ちょっとした店舗の部分も作ろうという魂胆なのだから。暑さでボンヤリしているヒマはないのである。

これからの仕事場作りを順次、「雑司が谷・仕事場日記(仮)」としてアップしていきますので、どうか温かい目で見守ってください。

kisimojin02.jpg
契約の日、鬼子母神はちょうど縁日だった

asagaoichi.jpg
朝顔市ものんびりと

kisimojin.jpg
雑司ヶ谷の鬼子母神は、鬼の字のツノがありません 読み方も正しくは「きしもじん」ですよ(ちゃんとパソコンでも変換されます) 安産・子育ての神様ですが、商売繁盛、無病息災をお祈りしました
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | □雑司が谷仕事場づくり日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

■深呼吸しましょう

musashino.jpg

家から高円寺まで自転車で15分、たまには気分を変えようかと通ったことのない道へ入っていった。身近な場所ほど、思いがけないトワイライトゾーンが存在するもの。いつもと1本だけ違う道なのに、こんなに武蔵野の面影。木のある場所は格段に涼しい。

緑が少ない少ないと馬鹿にできないじゃないか中野区。いつまでもこの木々が残りますよう。
posted by 店主かねこ at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

■ひもでなく鎖

zoushigaya628.jpg
タヌキ猫@雑司が谷
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | □お さ ん ぽ ね こ | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

■銀座ブックバザール

7月12日(水)〜17日(月・祝)の6日間、銀座松坂屋で開催される「銀座ブックバザール」に、旅猫雑貨店として出店させていただくことになりました。15店のプロの古書店に混じって、「古本応援隊」という参加枠での出店です。会場を盛り上げるべく、にぎにぎしく参ります。(と言っても、チアガールの格好とかはしませんので念のため。)

この古本応援隊には、南陀楼綾繁さん、内澤旬子さん、千駄木の古書ほうろうさんもいらっしゃいます。また、目録参加店として古本海ねこさんも、期間中1日は会場にいらっしゃるとのこと。

今回、旅猫雑貨店は古本と雑貨を半々ぐらいで出品する予定。アンダーグラウンドブックカフェで人気だった“手拭い本”も再入荷、催事期間のみの販売です。この機会をお見逃しなく!

 松坂屋 夏の古本フェスタ
 銀座ブックバザール
 2006年7月12日(水)〜7月17日(月・祝)
 会  場:銀座松坂屋 7階催事場
http://www.matsuzakaya.co.jp/ginza/saiji/ginza_e.shtml
 営業時間:午前10時30分〜午後7時30分
      ※木・金・土曜は午後8時まで
       最終日は午後6時閉場

目録をご希望の方はポラン書房まで、210円分の切手を同封の上、ご請求ください。
posted by 店主かねこ at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

■里親探してます

ki_cat01.jpg

陶芸家の北澤さんから、野良の子猫の里親を探しているとの連絡がありました。練馬区の大泉学園駅近くの駐輪場付近に住んでいる野良猫が6匹の子供を産んで、1匹は雨の日に弱って死んでしまい、2匹は無事に貰い手が現れたとのこと。残りの子猫は北澤さんが保護して獣医に預けています。

2匹はメス、エイズ検査、白血病検査ともに陰性。日々入院費がかかっているので、数日でも預かってくださる方がいらっしゃればありがたいとのこと。親猫も北澤さんが費用を負担して去勢手術をするそうです。保護団体は満員状態で、今は預かれないのだとか。(うちの近所でも最近、子猫の鳴き声が聞こえます……)

母猫は薄い色の三毛猫で、預かってほしい子猫は全身グレーでうっすら縞がある子、同じくグレー縞だけど足先だけ白い子です。ロシアンブルーもどきでかわいいです。もっと写真が見たい方、猫を飼いたい人をご存知の方、またはご自身が飼いたいという方は、メールにてご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする