2008年12月31日

■年末年始休業のお知らせ

年末年始は下記の期間、店舗、メールのご返信、品物の発送等、すべての業務のお休みをいただきます。
'08年12月29日(月)〜'09年1月5日(月)
1月6日(火)からは通常通り営業いたします。品物のお届けご指定日は、年内は12月30日まで(最終出荷は28日(日)正午までのご注文分)、年始は1月8日(木)以降から承ります。何卒よろしくお願い申し上げます。


posted by 店主かねこ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

■色物として

buchi_081225.jpg

2008年は、このブログの記述を辿ると、
1月/年始早々の5日から外市
2月/ブックマーク・ナゴヤにチラリ参加
3月/外市/谷中・はらっぱ市
4月/月の湯古本まつり一箱古本市
5月/外市手創り市
6月/副都心線開業・鬼子母神古本まつり
   アンダーグラウンド・ブック・カフェ
7月/早大生協古本フェア/ほおずき千成り市
8月/高遠本の家・海ねこ&旅猫〜絵本と雑貨の夏やすみ〜
9月/外市
10月/第2回月の湯古本まつりかんのん楽市
11月/外市みちくさ市(プレ開催)
12月/立石書店もよもよまつり

と、毎月なにかしらのイベントに参加していました。
…………………いやはや。もともと祭り好きとはいえ、1人で運営している店として、我ながらよくやりました。え?あれって今年のことだったっけ?と思ってしまうぐらい、密度の濃い1年。途中息切れしながらもなんとか完走できた感じです。イベントにお越しくださったすべてのお客さまに感謝申し上げます。そして、わめぞメンバー、わめぞメイトの皆さんをはじめ、古本海ねこさん、西秋書店さん、不忍ブックストリートの皆さん、高遠本の家の皆さん、鬼子母神商店街の皆さん、兄・刃研ぎ堂、すべて人のご縁あってのこと。ありがたいことです。今年1年、本当にお世話になりました。古書イベントの色物として、売り場が楽しく賑やかになるよう、高座にお声が掛かる限り出つづけたいと思っております。

2009年はウェブサイトの更新にも力を入れたいです。と毎年言っているのですが全然更新できず、いやでも来年こそは。やりますぞ。待っていてください。

2009年もどうか旅猫雑貨店わめぞをよろしくお引き立てのほど、お願い申し上げます。
posted by 店主かねこ at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

■軽井沢/朝の散歩

撮影日:2008年11月23日(日)
追分コロニーで行われた岡崎武志さんの古本トークイベントの翌朝、宿泊した軽井沢の宿の周辺をぶらぶら歩いて撮りました。

081123_01.jpg

081123_02.jpg

081123_03.jpg

081123_04.jpg

081123_05.jpg

081123_06.jpg

081123_07.jpg

081123_08.jpg

081123_09.jpg

081123_10.jpg
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

■B.O.G.をよろしく

bonomie0812.gif

オール手書きフリーペーパー『ボノミー 年末年始特別号』配布しております。
B.O.G.(ぶっとびお茶目ガールズ)の勢いが紙面からどかーんと伝わる盛りだくさんの内容です!残部僅少、欲しい人は急げ〜。

ボノミー 年末年始特別号/松やよい責任編集
・ボノミーロハス 呂波須の春夏秋冬2009着回し提案
・B.O.G.アワー 2008年ボノミー忘年会〈中根ちぐさ〉
・ボノミークッキングレシピ No.12〈あべゆりこ〉
・PO!の年 2008
・ボノミー双六 2009
・ボノミー・イケメン福笑い
・ボノミーおせち

◎ボノブロ! from ボノミー編集部
http://d.hatena.ne.jp/bonhomie/
posted by 店主かねこ at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

■小曽根真 X'mas Special 2008@Bunkamura オーチャードホール

oz_081220.jpg

オスカー・ピーターソン最後の来日公演を見に行ったのは2004年10月のこと。その3年後、2007年12月23日に亡くなった。享年82歳。

35年前、神戸に住んでいた12歳の少年が、そのオスカー・ピーターソンのライブを見て衝撃を受け、「このおっちゃんみたいになりたい!」とジャズ・ピアノに目覚めた。そんなエピソードから始まった、「小曽根真 X'mas Special 2008 Tribute to Oscar Peterson」。ピーターソンへの並々ならぬ熱い思いが伝わってくる、実にいいライブだった。

前半はピアノ、ベース、ギター、ドラムスでトリオ編成を変えながら。ピアノの左側後方にベースとドラム、真後ろにギターというピーターソンと同じポジションで、ピアノからはすべて見えない位置にいる。小曽根真は「どうやって合図送ってたんだろう?(ピアノに)バックミラーでもついてたんかな。俺についてこい!って感じやな」と言っていた。

途中で、ピーターソンの故郷・カナダから来たディオンヌ・テイラーという黒人女性のジャズシンガーが登場。同居人曰く「声が弘田三枝子にそっくり」とのこと。(私には弘田三枝子の声がわからん……)小曽根真が今、一押しのシンガーというだけあり、歌が上手いのはもちろん、雰囲気も素敵でした。

休憩のあと、後半はビッグバンド“No Name Horses”が共演。11人編成のうち、スキンヘッドの人が2人、モヒカンの人が1人いた。オリジナル曲「Cave Walk」など、ちょっと謎めいた、面白い感じの曲もあり、大きなホールでは迫力があって楽しかった。

アンコールでは3曲。ディオンヌ・テイラーが「サイレント・ナイト」を、2番は日本語で。最後は小曽根真のソロ「Reborn」。ちょっと涙が出そうだった。店でもしばらくはオスカー・ピーターソンをかけたい。
posted by 店主かねこ at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

■あったかいプレゼント

xmas_card08.jpg

12月21日(日)〜24日(水)まで行われた、「立石書店もよもよ・まつり」では、たくさんのお買い上げをいただき、誠にありがとうございました。

干支の置物は売れ残ると12年も出番がない(←って、12年後にまた売る気かよ!)ので、毎年仕入数の読みに真剣になります。丑、牛、うしし。作り手が牛を懸命にかわいらしくしようとすると丸くなり、牛というよりブタに近いシルエットのものが多い。できるだけ牛らしい、牛っぽい、より牛的な、品物を買い付けたつもりです。「もよもよ・まつり」終了後も、元旦も営業する立石書店にて引き続き販売してくださることになりました。穴八幡宮へ初詣に行かれる方は、どうぞお立ち寄りください。

24日は終日旅猫の店番。プレゼントの駆け込み需要で一日中ギフトラッピングをしていた気がします。25日はいつもの静かな雑司が谷に戻った。夕方、めーちゃん親子が来店。思いがけず、めーママの歩さんからクリスマスプレゼントをいただく。びっくり!包装を開くと、なんと手編みの、袖付き肩掛け兼マフラー(えーと、なんとか、っていう名前があったのですが忘れました)。きゃー。うれしい。ありがとう!

xmas_p_2008.jpg
軽くてあったか〜。愛だね、愛。
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

■ザ・イルミネーション2008

先日、帰宅途中にイルミネーションの激しい豪邸のことを書きましたが、その後も毎日通るたびに新しい電飾が増えてた!クリスマス当日の夜、激写してきました。
(写真をクリックすると別ウィンドウで拡大します)

illumi_01.jpg
▲門からの眺め(店じゃないですよ、住宅です)

illumi_02.jpg
▲玄関(ここだけ見るとそんなでもないけどね)

illumi_03.jpg
▲家の外壁(この家、3階建て!)

illumi_04.jpg
▲庭のフェンス周り

illumi_05.jpg
▲庭(電飾だらけでわけわからん)

illumi_06.jpg
▲汽車が飛んでる!

illumi_07.jpg
▲ムーミン、スナフキン、ミー(ニョロニョロもいたよ)

illumi_08.jpg
▲キティちゃん

illumi_09.jpg
▲ドラえもん(その横にはミッキーマウスもいた!)

illumi_10.jpg
▲屋上には、人間よりでかいサンタとトナカイが笑ってました〜〜〜。HO-HO-HO-!

写しきれない飾りがこの他にもたくさんありました。どんだけ気合い入ってるんでしょうか!もうお腹いっぱいです。ご勘弁ください。道行く者を楽しませてくださってありがとうございましたー!!!!!
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

■外は寒い

inyou.jpg
陰陽猫@自宅

お久しぶりの「おさんぽねこ」カテゴリーですが、全然おさんぽしてない猫ですんません。

ブチ猫専用の箱は1匹でいっぱいいっぱいなんですが、たまにチビ猫が入って寝ていますと、ブチさんが来てチビ猫の上に無理矢理寝てしまいます。ブチさんは7kgも体重があるので相当重たいと思うんですが、チビ猫は平気で寝続けています。猫は足が痺れたりしないんだろうか。心配です。

インフルエンザの流行が始まっているとのこと、皆さまくれぐれもお気をつけて。
posted by 店主かねこ at 19:17| Comment(7) | TrackBack(0) | □お さ ん ぽ ね こ | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

■めぇ〜ちゃんづくし

mee_01.jpg

mee_02.jpg

mee_03.jpg

mee_04.jpg

mee_05.jpg

mee_06.jpg

谷中「nido」で行われていた<nido de めぇ〜ry Christmas>展へ。閉店後、店内で行われたひと足早いクリスマスパーティにお呼ばれ。一人ずつサンタの赤い帽子が配られたのだが、おだんごヘアの私は残念ながらかぶれず。空ちゃん、心ちゃんが楽しそうで何より(でも一番楽しそうだったのはお父さん)。出席者が持ち寄ったおいしい料理やケーキをひたすら食べる。

雑司が谷の料理の達人・歩さん(お母さん)が作ったぶどうとオレンジとグレープフルーツのゼリーが、まるでnidoのステンドグラスみたいにきれいな色合いだった。

おなかいっぱいになったところで、はっ!作品見てない!ことに気がつき、展示スペースへ。色とりどりのめーちゃんが、ステンドグラスのキャンドルホルダーになったり、ブローチやペンダントになっていたりして、立派だぁ………感激してこっそりと泣く。おばちゃん涙もろいのよ。

nidoには初めて伺ったけれど、これまでの私のステンドグラスのイメージ(植物とか、宗教的な絵画風のもの)とは全然違う、かわいくてセンスの良い品ばかりで、このランプシェードを玄関に提げたら…などと想像し、自宅に欲しくなった。作家によるステンドグラスの手鏡もよかった。また来てみたい。めーちゃんの展示は本日(14日)までで終了。本当におつかれさまでした。よかったね。

--
<お知らせ>
月の湯にてロケが行われたNHK教育テレビの番組「知るを楽しむ」が、好評につき総合テレビで再放送されます。
12月18日(木)午前10:05〜10:30
NHK総合/デジタル総合テレビ
「知るを楽しむ -歴史に好奇心- 第4回 あ〜極楽の銭湯史」
http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/20081218/001/21-1005.html
※ただし、ニュース等の影響により時間変更や休止の可能性もあります

◎月の湯かわら版/こちらもよろしクリック!
http://tsukinoyu.seesaa.net/
posted by 店主かねこ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

■日々増える雪ダルマ

ekoda_01.jpg

ekoda_02.jpg

帰り道にいつも通る商店街「江古田ゆうゆうロード」のクリスマスの飾りつけがにぎやかで楽しい。深夜12時を過ぎると消されてしまうので、たまにしか見られないのですが。

江古田と桜台の中間ぐらいに、ものすごい大邸宅があって、その家のクリスマス電飾の力の入れようは、ちょっとこれまで見た事がないくらいすごい。ディズニーランドなんて目じゃありません。庭には雪ダルマやトナカイが多数群れており、木や生け垣には激しくイルミネーションが巻き付けられ、屋根の上には巨大サンタが手を振っています。しかも日々、飾りが増えてる!いったいいくつ置けば気が済むんですか!

ほんの数秒、自転車で前を走り抜けるだけですが、思わず口が ぽかーん と開いてしまいます。エコも省エネも関係ねえ〜(笑)。あんな数の電飾を1年間しまっておくのに、1部屋じゃ足りないはず。専用倉庫借りてるかもしれません。クリスマスまでにその家を激写してきます!
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。