2009年10月15日

■秋の夜、浮かぶは

shidaremomiji_1.jpg
<▲写真クリックで拡大>
雑司が谷・鬼子母神通りの枝垂れ飾りが秋バージョンに。24時間営業のチェーン店が少ない雑司が谷の街は、夜になるときちんと暗く、街路灯に照らされた飾りが浮かび上がってちょっと不思議な雰囲気。

商店会長によると、この飾りを作る職人が高齢のため廃業することになり、今回が最後の納品だったとか。そうか、日本で、職人さんが作っていたのか、と驚く。最近はてっきり工賃の安い中国製とばかり思っていたのだった。他に製造している業者が見つかればいいが、これも昭和の懐かしい風景として消えていく運命だとしたら寂しい。

この商店街の枝垂れ飾りがなんとなく好きで、商店街によっていろいろな形や色、飾り方があるので、一時期それを集めようと研究していたことがある。単体で見れば派手で安っぽい造花にすぎないのだが、商店街の街路灯に連続して飾られ、桜、七夕、紅葉、クリスマスなどと、季節に合わせて差し替えられるのを見ると、少しでも賑やかに、楽しく買い物をしてもらおうという、その商店街の心意気が感じられてうれしくなる。それをコツコツと作り続けた職人がいた。どこで、どうやって?どんな気持ちで?全国に送られた?どういう商売の仕方をしていたのか、とても興味がある。

shidaremomiji_2.jpg
枝垂れ飾りの下、夜の町から見る都電は、一瞬の音と光
posted by 店主かねこ at 03:29| Comment(2) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

■フクスケに会いにいってきました

フクスケを里子に出して1週間目、心配でたまらず里親のあやせさんに「様子、見にいってもいいですかー?」とメールを出し、家にお邪魔してきました。

fuku_091010_01.jpg
▲先住猫のハナちゃん(アメリカンショートヘア)と。

物怖じしないハナちゃんは、一定距離を保っていればフクスケと一緒にいられるのだが、もう1匹のまろちゃんは未だに受け入れてくれず、威嚇して近づかない。だけどフクスケは全く気にしてない様子。猫も人も平気で自分からどんどん近づいていってしまう。面白いやつです。

fuku_091010_02.jpg
呼ぶとちゃんと来てくれます。相変わらず鼻水が出ていて、まだ病院通い中。

fuku_091010_03.jpg
巻取りメジャーを利用した遊び道具で楽しそうにじゃれてました。幸せそうでよかった。1週間でまたちょっぴり大きくなったなぁ、ト、しんみり親心。
フクちゃーーーーーん!
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | □旅猫生物部 | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

■ボンジュールメトロに掲載されました

bmetoro_1.jpg

東京メトロの季刊情報誌「ボンジュール!メトロ」 秋号、<雑司が谷ほっこり のんびり街散歩>に当店が紹介されています。東京メトロの主要駅にて無料で配布されていますので、ぜひお手に取ってみてください。細長いハンディサイズの小冊子ですが、東京メトロで行けるいろいろな散歩コースがコンパクトにまとめられていて充実した内容になっています。

bmetoro_2.jpg

鬼子母神堂境内で行われている手創り市の写真がとても気持ちよく、森の中にいるよう。いい写真だなぁ。今年4月にオープンした<キアズマ珈琲>も絶好調ですね。次ページでは散歩コース例の中で鬼子母神通り<みちくさ市>も紹介されています。次回は11月23日(祝)、手創り市と同時開催です(雨天時は変更あり)。

今日はこのボンジュールメトロ片手にびっくりするぐらいたくさんのお客さまにご来店いただきました。狭い店ゆえ、混雑のため店内に入れなかった方、会計をあきらめてお帰りになった方、本当に申し訳ございませんでした。またのご来店を心よりお待ちしております。

また、掲載されている「ねこ風船」は本日、品切れとなりました。次回入荷は14日(水)の予定です。冊子ではサイズ記載もなく小さい写真で紹介されているため、小さな紙風船だと思ってご来店いただくようですが、実物は直径20cmぐらいある大きな紙風船です。
posted by 店主かねこ at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

■ヌマエビに再挑戦

尊敬するとある方が上手にヌマエビを飼っているのを拝見し、すぐ影響されるのでわたしも再挑戦してみることに。再挑戦というのは、過去に3度ほどヌマエビ飼育に失敗しているため。エビは水質の変化に敏感らしく、いつも飼い始めてすぐに死んでしまったので、もう手を出すまいと思っていたのだが……。

numaebi_01.jpg
 
続きを見る
posted by 店主かねこ at 01:10| Comment(6) | TrackBack(0) | □旅猫生物部 | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

■長毛疑惑

猫のことばっかり書いててなんですが、明日の夜、いよいよフクスケを里親さんにお渡しすることになった。店にやってきた日から約1ヶ月。風邪もほぼ治って(時々、鼻くそがついてるくらい)、体重も2.3kg(1kg増)になり、元気すぎてウルサいぐらい家の中を走り回るようになった。

里親になってくださるのは、当店のすぐ近くにお住まいのイラストレーター、あやせさやかさん。実はあやせさんとは、今から6年ぐらい前、オンラインショップを初めて間もない頃にお客さまとしてご注文してくださっていて、メールで何度かやりとりをしていたのです。その後、あやせさんが雑司が谷に引っ越しされたと知らないまま、店を開いてみたらご近所だったというご縁のある方です。ふらっと店に来ては六花亭のお菓子をくれたりするステキな人です。雑司が谷と猫つながりで、あやせさんの猫イラストのポストカードを12種類、販売しております。

あやせさん宅にはすでに2匹の猫がいるのですが、フクスケは猫にも人にも物怖じしないので、きっと楽しく暮らせるでしょう。いい子にして、かわいがってもらいなさい、と言い聞かせております。

9/28(月)に再びあしあと動物病院に連れていった際、スタッフの方に「ちょっと長毛種が混ざってるみたいですね〜」と言われた。あれっ!そうなの??? なんだか毛がボサボサしたまんまで、痩せてたから毛並みが悪いのかと思ってました。

chomofuku_01.jpg
そういわれてみれば…

耳の下から胸にかけて、前より毛が伸びてきています。成猫になるにつれてもっと長くなるのか、はたまたこのビミョーなボサボサ?みたいな中途半端さで終わるのか、時々あやせさんちまで様子を見に行き、見守りたいと思います。

chomofuku_02.jpg
どうだい、この胸毛、うらやましいだろう

memo3.jpg 
ウワー、ライオン丸みたいになるのかしら〜。
タノシミ。


posted by 店主かねこ at 21:11| Comment(7) | TrackBack(0) | □旅猫生物部 | 更新情報をチェックする

■御会式の必需品

oeshiki_nobori09.jpg

鬼子母神通り商店睦会のK会長原案、我がデジタル師匠(雑司が谷にある高尾事務所)がデザインした御会式(おえしき)の新しい幟が完成、この週末から雑司が谷の4つの商店街で一斉に掲げられます。御会式って何?という方はこちらをご参照ください。毎年、曜日に関係なく10月16日、17日、18日の3日間、いつもは静かな雑司が谷の街が、この日ばかりは異様な熱気に包まれます。

写真は出来上がったばかりの幟を見せにきてくださった高尾さん。某美大の先生でもあるんですが、私にとっては雑司が谷の良き親父って感じで(すいません!)、よく2人でダベってます。最近はキアズマ珈琲でもよくダベってるらしい(笑)。高尾さんは今年1月まで御会式の講の1つ「御嶽中嶋講」の講元も勤められていた。

さて、その御会式、私も17年前から毎年「大門宮元講」に参加させていただいており、3年前に雑司が谷に店を持ってからは、より身近な行事になっている。
(ここ数年の御会式ブログ記事:2008年2005年2004年。2006年は友人Mongoさんも参加。今年もお待ちしてますよ。)

御会式の必需品である団扇太鼓は和楽器の専門店で購入するものだが、子どもたちには高価(小さめのものでも1万5千円ぐらい)で、昔は自分の家からフライパンを持ち出して叩いている子も多かったそうだ。鬼子母神境内の縁日では、子ども用にプラスティックでできたおもちゃの団扇太鼓を売っている店もある。

本物は無理として、うちでも何か、と思い、2年前からでんでん太鼓を販売してみたところ、御会式前にたくさんのお買上げがあった。

denden_01.jpg
▲左より:小・400円、中・550円、大・850円 大きくなるほど音がいい
主にベビーカーに乗り、まだ太鼓は叩けないけどそれっぽいものを持って振り回し雰囲気を楽しみたい、という世代の方々に受けたようだ。そうして御会式当日、でんでん太鼓を握りしめた小さな人をたくさん見かけたのだが、みなさんことごとく、でんでん太鼓の皮が破けているではないか!振るだけでは満足せず、大人の真似をして力まかせに棒で叩いてしまうようだ。

しめしめ、また来年新しいのを買ってね、という腹黒さは私にはない(ホントホント)。「でんでん太鼓の皮、張替えサービス」というのはどうかと考えたが、どうも材料費と手間賃だけで商品代金を上回りそうだ。皮が破れなくて毎年使える太鼓……探したらありました。

denden_02.jpg
▲木製でんでん太鼓・480円
すべて木製でとても小さく、音も太鼓っぽくはないけど、なんでも手にしたものは舐めてしまう世代にも受けそう。
という訳で、破れない太鼓、旅猫雑貨店にあります。
posted by 店主かねこ at 19:12| Comment(4) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

■ウェブ製作で引きこもり

旅猫雑貨店のウェブサイトをリニューアルするのに、毎日ウンウン唸っている。最新のウェブデザインやユーザビリティに関しては、海外のウェブデザイナーのサイトを参考にするのだが、もう進みすぎてて記述がワケわからん。そんなに凝るつもりはないんだけど、ウェブデザインにも流行があって、すごく勉強になる。ゼロから作るつもりで、何を捨て、何を活かすかをずっと考えている。管理しやすいサイト構成もちゃんと考えないと、あとあと大変になるので。(それを考えてなかったから今大変で、リニューアルが必要なんだ。)

ウェブサイト全体のリニューアルと共に、スマートフォンやiPhone用のサイトも用意した方がよさそうだ。というか、今さら?今頃気づいたの?と思われる方も多いことでしょう!テヘ!知ってましたよ、気づかないふりしてただけ!

携帯端末では小さくシンプルにするだけでなく、いろいろな制限や、注意点が多い。燃えてくるではないか!こっちの構築の方が楽しそう……。で、やっぱり制作者本人がiPhoneを使ってないと、実機での表示や色味の確認て難しくね?というわけで、次の休みにはApple Storeを冷やかしに行こうかな〜と密かにうれしくなっている。

《10/3 追記》
実物のiPhoneがなくても、だいたいこんな感じだよ〜という表示イメージがブラウザ上で見られる無料ツールを発見。制作者に感謝。当店のURLを入れてみたらこんな感じ。これを見るとやはりiPhone用に最適化したサイトの製作は急務って感じがする。
iphone_view.png
>>iPhoney

Webデザインの妄想が膨らんで、わめぞの公式ホームページのことなんかも考えたり。わめぞ民のツイッターがトップにどんどん上がってきたり、自由に動かせるわめぞエリアマップがあったり……私のデジタル師匠が「ホームページは基地でブログは爆撃機」とよく言うのだけど、やっぱりブログだけってのは限界がある。きちんとしたホームがあってこそなんだ、本当は。

というわけで、当店もホームを建て直すため、引きこもり生活(店はやってますよ!)が続きます。

glasscase01.jpg
▲招き猫コーナー

memo4.jpgウェブねぇ。。。猫の手も借りたいらしいけど、あたしゃチンプンカンプンでござい〜。みんなが楽しみにしてるンだから、旅猫の出番を増やしておくれヨ!
posted by 店主かねこ at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする