2013年09月19日

■エフェメラ展は23日(月)まで!

エフェメラで辿る 昭和の暮らし、小さな記憶展」は会期後半となりました。今週末の3連休も休まず営業します。(先週は台風でまったく散々でしたね!)のんびりと散歩がてら、昭和の気分に浸りにお立ち寄りいただければ幸いです。

エフェメラ( =役割を終えたら捨てられる類の紙や雑貨で、しばしば蒐集の対象となるもの)に埋め尽くされた旅猫雑貨店は、かなり楽しいことになっています。置ききれずに積み上げたところを、お宝探しのようにほじくり返している方もチラホラ。ツイッターで少しずつ展示品をご紹介していますが、ここにまとめてみます。

efe_02.jpg

efe_01.jpg
1960年代〜70年代に、商店やデパートなどで使われていた包装紙(未使用品)もいろいろ揃っています。柄や希少性により値段はまちまちですが、1枚200円〜あります

efe_03.jpg

efe_04.jpg
昔のノベルティ雑貨や紙袋、アイスクリーム、菓子パン袋のデッドストックなど、出しきれないほど盛りだくさん

efe_05.jpg
観光絵はがき、ぽち袋、アトラクションチケット、シティホテルや遊戯施設のパンフレット、保険の案内、しおり等々、よく見ると面白い紙ものがいっぱいあります

efe_06.jpg

efe_07.jpg
旅客機用の旅のしおりや地図・トランプ

efe_08.jpg

efe_09.jpg

efe_10.jpg
1970年代のデザインが楽しい紙袋各種

efe_11.jpg
efe_12.jpg
都内飲食店の経木製マッチ箱、懐かしき昭和家電が楽しめるマッチなど

BUQ88chCYAAnJIx.jpg
昭和の時代からタイムトリップしてきた紙片。こちらは戦前の昭和13年1月、浅草・国際劇場の観劇券。左は水の江瀧子、右はオリエ津阪

BURLKMQCAAEI9Mi.jpg-large.jpeg
伊豆のホテルを紹介するハガキセット。モノクロ写真に色をつけて絵のように加工されています。和洋折衷の建築、プールのようなローマ風呂、ミッドセンチュリーな内装や家具がなんとも素敵

BUWMqQ1CIAAUDkm.jpg-large.jpeg
1960〜80年代に数多く作られた七宝焼・ガラス七宝製のバッジは、参加証、会員証、資格証などとして昭和世代の帽子や胸元に付けられ、輝いていました

BUbMMYDCMAAEWkj.jpg-large.jpeg
昭和30年(1955年)に開業した「船橋ヘルスセンター(現ららぽーと)」は大規模なレジャー施設でした。こちらはポストカード8枚入セット。なんでしょう、このゴージャス感!

▼楠トシエが唄う船橋ヘルスセンターのCMソング
 「長生きチョンパ」


この他にも掘り出し物がまだまだたくさんありまーす。ご来店を心よりお待ちしております!




posted by 店主かねこ at 22:19| Comment(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

■9/13発売『こけし時代 8号』入荷しました

雑誌「こけし時代」第8号が入荷しました!
vol8_hyoushi001.jpg
9月13日発売
こけし時代 第8号 特集 鳴子コロニアル
定価 1,680円
こけし時代社/木形子可刊 B5判 180ページ
特別付録/銀山温泉 おしんこけし板絵はがき
     貼り込みこけしフォトカード


*今号では、ページの8割が「東北の産地風土モノクロ写真集」で、綴じ込みの「こけしフォトカード」を読者に貼り込んでもらう、コラージュ仕様となっています。

vol8_mikaeshi002.jpg

目次
●イントロダクション
 「鳴子番外地とは/外鳴子への旅」
●外鳴子の源流工人たち
●産地温泉とこけし工人訪問の旅
●木形子感傷・こけしせんちめんたる
 「ヨウシンとむく犬」絵と文/樋口達也(本誌特派)
●こけし散歩
 MANGA/PRESENT(今号の付録)/SHELF(こけし棚拝見)
●こけし後記
÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷

vol8_p003.jpg

vol8_p004-005.jpg

vol8_p006-007.jpg

第8号の特集「鳴子コロニアル」とは、「外鳴子」と呼ばれる、かつて鳴子で修業をされた工人さんが他県に移住した後も鳴子系のこけしを製作している、外地の鳴子系のことです。

鳴子温泉を訪れたことが、こけしの魅力に取り憑かれるきっかけになった方は多いのではないでしょうか(わたしもその一人です)。たくさんいらっしゃる鳴子系の工人さんのこけしと特徴を覚えるのもなかなか知識と時間が必要ですが、別の県にも鳴子系のこけしを作る工人さんがいる、ということに気がついた時、その系譜の広がりに頭がクラクラした記憶があります。第8号は、ちょっぴり上級者向けとも言えるかもしれません。その分勉強になる、非常に興味深い内容になっています。

vol8_p177.jpg
▲付録の「銀山温泉 おしんこけし板絵はがき」かわいい!

vol8_p180.jpg
(画像提供/こけし時代社)



*この商品はメール便での発送が可能です。1冊であれば、A4サイズ × 厚さ2cm口、全国一律送料160円でお届けいたします。
posted by 店主かねこ at 21:50| Comment(0) | □新着/再入荷のお知らせ | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

■9月の展示ご案内「昭和の暮らし、小さな記憶展」

ephemera_dm.jpg
旅 猫 雑 貨  其 の 二 十二
エフェメラで辿る
昭和の暮らし、小さな記憶展
2013年9月12日(木)〜23日(月・祝)
12時〜19時(日・祝11時〜18時)
*期間中無休


会場 旅猫雑貨店にて(地図
http://www.tabineko.jp/shop_info.html

efe_02.jpg

東京・新井薬師にある、古道具と昭和レトロ雑貨を扱うお店「Antique スピカ」が、昭和の記憶の断片とも呼ぶべきエフェメラ(=役割を終えたら捨てられる類の紙や雑貨で、しばしば蒐集の対象となるもの)を集めました。

efe_03.jpg

デザインも華やかなデパートや商店の包装紙・ギフトボックス、旅客機用の旅のしおりや地図・トランプ、薬局の販促ノベルティの品々、観光絵はがき、ぽち袋、アトラクションチケット、遊戯施設のパンフレット、都内飲食店の経木製マッチ箱、昭和の様々な年中行事の記念バッジ…等々、昭和の暮らしを映し出す、多岐に渡る品々を販売します。

efe_05.jpg

efe_06.jpg

efe_11.jpg

◎Antique スピカ/ホームページ
http://spica.mond.jp/
◎スピカ店主ブログ
http://yaplog.jp/komawari/

ephemera_image.jpg

思い返してみると、亡くなった義父は、外食すると必ずその店の箸袋を胸ポケットにしまい、自宅に持ち帰ってスクラップブックに貼り付けていました。また、書店で本を買う時に本にかけてもらう書皮(紙のカバー)もたくさん集めていました。そういうものが「エフェメラ」蒐集だったのですねー。

今回の展示では箸袋や書皮は出ないようですが、捨てられない紙もの、ノベルティを溜め込んでしまう方は特に必見の展示販売だと思います。スピカ店主の田村さんがはりきって集めていますので、珍しいものもたくさん出品されると思います。ぜひ見にいらしてください。


posted by 店主かねこ at 20:52| Comment(2) | □旅猫雑貨「展」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。