2008年07月27日

■手創り市見学

t_i_080726_01.jpg
アトリエ空心の盆栽鉢

いつもよりちょっと早めに雑司が谷に行って、鬼子母神境内で行われている手創り市へ。今回はご近所の陶芸家・五月女寛さん(アトリエ空心)が「苔・野草・陶展」として会場内の企画ブースで展示を行っていた。ご挨拶に行くと、いつもお世話になっている歩さん(五月女さんの奥さん)が、「後で持っていこうと思ってたんだけど」と言って、手製のいなり寿司のお弁当を用意してくれていた。前々回私が出店した手創り市の時も、鬼子母神古本まつりの時も、はらっぱ市の時も、いつも手作りのいなり寿司やお赤飯を持ってきてくれるのです。なんというか、面倒見のよい親戚のお姉さんみたいで、こういうことってできそうでできないですよね。というか、末っ子気質で気の利かない私は考えてもみないことです。歩さん、ありがとう。

t_i_080726_03.jpg
メーちゃん姉妹が、こんな新作を!パソコンでメーちゃん模様を作って紙にプリントし、竹製の骨に貼付けてある団扇なり。フチはカラーのマスキングテープで留めてある。ちょっとでこぼこした感じが良いのです。店でお客さんに使っていただく団扇にします。もしかしたら販売も?

t_i_080726_02.jpg
会場内を見てまわると、最近何度か店に足を運んでくれている大学生のヤマモト君が、自分でイラストを描いた紙のブックカバーを出品していた。彼が豆惚舎(ずぼらしゃ)として編集・発行したフリーペーパー「東京トーフ屋散歩手帳」は「トーフ」に合わせて102部ずつ製本しているという凝りよう。茶紙にプリントした「雑司が谷ブックカバー」の他、「酒」「秋田」「豆腐づくし」などがある。どれも50円也。古書往来座で販売されるとこと。新たな雑司が谷みやげですね。

このあと、衝撃的な出会いが!それはまた明日。
posted by 店主かねこ at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
!!
なんと、まさか旅猫さんにわざわざご紹介いただけるとは、感無量であります。豆腐小僧も喜んでおります!
期末テストが終わりましたら(そういえば一応学生なのです)お礼も兼ねてお店に伺わせていただきます、重ね重ねもありがとうございました!
Posted by ヤマモト at 2008年07月28日 17:05
ヤマモト君、どもども。たくさん売れたみたいでよかったですね!人を「ムヒッ!」っと楽しい気持ちにしてくれるイラスト、好きです。また新しいもの作ったらぜひ見せてください。

Posted by か猫 at 2008年07月28日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック