2008年08月16日

■屁のつっぱり

8月17日(日)、18日(月)は連休いたします。

hasu_ayase.jpg

15日の夜、店で1人パソコン仕事をしながら、ラジオでNHKのオリンピック中継を聞いていた。柔道女子78キロ超級の塚田が負けたところで涙が出た。映像で見ていなくても、塚ちゃんのがんばりが伝わってきて、思わずマウスを握る手にも力がこもった。

続いて男子100キロ超級。石井の存在はオリンピックに登場するまで全然知らなくて、顔つきから朴訥で大人しい若者なのかと思っていた。だから金メダルを取った試合直後のインタビューで、これが同じ人なのかと耳を疑い、すぐさまツボにはまって1人で腹筋がクーッとなるぐらい笑ったよ!「屁のつっぱり」って何?初めて聞いたので意味がわからなかった。どうやら関西ではよく使われる言葉らしい。オリンピックに出て「スポーツやってるつもりはない」って、大丈夫なのか!(追記:パンディ向井氏より、「屁のつっぱり」はキン肉マンから来ているはず、とのこと。)

このあと石井語録が気になって気になって、テレビに出る石井ばっかり気にしている。インタビューのあと、試合を解説していた篠原(シドニー銀メダリスト)がすぐさま「石井はしゃべらない方がいいですね(怒)」とコメントしたのも面白かったなぁ。試合中の篠原の解説も、おそらくNHKに言わせれば「しゃべらない方がいい」オモシロ発言をして、アナウンサーを無言にさせていたのだ。いいぞ、男子柔道界。

自分のために試合直後の石井のインタビューを記録しておきたい。スポーツニュースではどこかしらカットして使われているのだが、もっと石井語録をフィーチャーしてくれないと。
__________________________________________

(なにか大声でわめきながら歩いてくる)

―初の五輪で金メダル。

「自分が優勝できたのも、付き人やサポートしてくれた先生、応援に来てくれた人たち、みんなのお陰です」

―五輪の畳は?

「滑らなかったです。これで慢心することなく、自分はスポーツやってないんで戦いだと思ってるんで、帰ってまた空気イスをしたいと思います」

―決勝は。

「あれが自分の柔道です。全日本チャンピオンがどうのとかじゃなくて、国士舘は負けちゃいけないっていうのが岩渕先生の教えだったんで、あの戦いがベストで、冒険もせずに完全に勝ちにいきました」

―準決勝まではすべて一本勝ち。

「自分の良さは機動力とガッツだと思うんで。準決勝は少し、タイトルがかかって守りに入ってしまったですけど」

―プレッシャーもあった。

「五輪のプレッシャーなんて、こんな言ったら失礼ですけど、斉藤先生のプレッシャーに比べたら屁のつっぱりでもありません」

―日本柔道のトリを金で締めた。

「自分は全日本選手権のチャンピオンなんで、自分が負けたら日本の負けだって、もう斉藤先生から耳にタコができるくらい言われてたんで、勝ててよかったです」

―今は何がしたい。

「今は……しばらく遊びたいす! あっ、練習したいです」

●テレビ生出演のひと言

―いい試合だったですね。

「自分は常に、試合は生きるか死ぬかの殺し合いの戦いだと思っています。優勝できて、生きて帰れて良かったです」
__________________________________________

このほか、「さっき斉藤先生にはたかれました」「今夜からまた練習です」とも。発言が柔道選手というより、プロレスラーっぽいところがたまらん。……と、わめぞの柔道男子、パンディ向井さんとも語り合ってしまった。
posted by 店主かねこ at 22:11| Comment(4) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「屁のつっぱり」は「あっても意味がないこと」「ないと同じこと」です。「キン肉マンから」来ているのではなく、彼が使うよりももっと前からある言葉です。
私は子供の頃、父によく言われていた・・・。

Posted by ヴェガ at 2008年08月18日 11:06
いやいや、昔からある言葉なのはそんなの当たり前のことで(笑)。この言葉が全国的に広まったのは「キン肉マン」のせいなのと、彼の格闘技好きだということ、コメントの場で出したということからさっするに、言葉そのものの意味じゃなくて、「キン肉マン」のパロディで言ったんじゃないの?ということです。ほかにも格闘技好きにしかわからないパロディネタがやたら多いですしね。
Posted by sedoro at 2008年08月18日 12:00
ヴェガさん、ご教授あがとうございます。
ちょっと言葉が足りなかったんですが、石井の場合は、おそらく「キン肉マン」にかなり影響されて使ってるんじゃないか、という推測です。
私は初めて聞いた言葉なので、「屁で、相撲のつっぱりをかます」というイメージが頭に湧きまして、痛くも痒くもないけど臭いでしょ?などと思っておりました。「つっぱり」は「つっかい棒」という意味なんですねー。えへへ。
Posted by か猫 at 2008年08月18日 12:05
sedoroさま、書き方が悪くてごめんなさい!
Posted by か猫 at 2008年08月18日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック