2010年08月12日

■店内をおさんぽするいきもの

kamekichi_01.jpg

店頭に、火鉢がひとつ増えました(右の青いの)。
 
kamekichi_02.jpg


kamekichi_03.jpg
「どうも、かめきちともうします」

実は1週間ほど旅行に出掛けたお客さまから預かっているカメです。6年前、店の裏手にある旧高田小学校の横の道路をもそもそと歩いているところを保護された、かめきち君であります。甲羅の大きさは20cmぐらいあるでしょうか。わたしはカメを飼ったことがないので、こんなに大きいカメを初めて触りました。かなり力が強いのですよ。爪も鋭いです。

飼い主さんからは、火鉢から出さなくてもいい、水も替えなくていいと言われたのですが、2日経ったらかなり水が汚れていたので、一旦かめ吉を店内に放して、火鉢の中と砂利などをたわしでゴシゴシ洗いました。

kamekichi_04.jpg
「おかしなものがたくさんあるところですなぁ」

びっくりしたのは、動きが早いこと!ちょっと目を離すと行方がわからなくなります。でも「かめきち〜?」と呼ぶと、ちゃんと出てくる。えらいね。

kamekichi_05.jpg
掃除したあとは、なんとなく気持ちよさそうにしていました。「カメのえさ」という緑がかったドライフードを一日おちょこに一杯与えるのですが、そのエサを食べる様子もものすごく面白くてずっと見ています。水に浮いたエサに狙いを定めて、パクッと開いた口を持っていくのですが、たまに空振りしたりして。ちょっと悔しかったりするのでしょうか、口から「ケッ!」っと泡を吐いたりします。

いやぁ、カメ、楽しいわ! とっても飼いたくなりました。蟲文庫の田中さんにいろいろ教えてもらおう。

ここ数日、店内にもう一種、いきものがおります。

suzumushi01.jpg
7月上旬頃にN氏より鈴虫の子ども(小さいクモぐらいの大きさ)を20匹ほど分けていただいた。鈴虫のエサ(乾燥したフレーク状のもの)と、時々キャベツやキュウリの切れっ端を与えていた以外、ほったらかしにしているにもかかわらずどんどん大きくなり、8月10日の午後、初めて鳴きました。卵から孵って、何度も脱皮しながら2cmぐらいまで大きくなり、オスだけが鳴くようです。昼間の明るい時間も鳴いています。ご来店の折には、耳を澄ませてみてください。
posted by 店主かねこ at 02:05| Comment(6) | TrackBack(0) | □旅猫生物部 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
今日はお伺いできずスミマセン。
こちらを拝見して少しでも行った気分にと思ったら、生き物の話題で、うれしいです。
ユーモアあふれる文章はさすがですね〜。
かめ吉君と鈴虫と出会えることを楽しみにしています!
Posted by ebapi at 2010年08月12日 17:05
edapiさん、かめ吉はすでに雑司が谷弦巻通りのアイドルになりつつあります! 近所の子どもたちが代わる代わる覗いていきます。

先ほど、パソコンのそばに黒い虫がいる!と思ったら、脱走した鈴虫でした。生き物は面白いです。
Posted by か猫 at 2010年08月12日 18:41
それ、あの高田小学校の亀池の子かなぁ。用務員のおじさんが年々少なくなっちゃって・・・と言ってたよ(笑)
Posted by 向井 at 2010年08月12日 18:51
えっ、あっ、そうなのカメ? 脱走カメ?!
Posted by か猫 at 2010年08月12日 20:03
生き物って私のことかしら・・と思ってしまった自意識過剰なわたくしです、えへへ。私はむしろ、「店内でかくれんぼする生き物」ですねw
亀戸天神の池は亀の首だらけですごい眺めだったのを思い出します。今度亀吉君に会いに行きますねw
Posted by 星菜 at 2010年08月12日 20:52
こんど、星菜さんを生物部で採集させていただきます。かめ吉とうし君を会わせたらどうなるんだろう?猫パンチされるかしらん。
Posted by か猫 at 2010年08月12日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック