2011年02月14日

■おじさんのバレンタインデー

日曜日の閉店後、店内で作業していると、トントントン、とドアを叩く人がありました。ドア越しに小さい足が見えています。開けてみると、同じ商店街にある鮨義のちぃちゃん(8才)が息を切らして立っていて、「あのね、はいこれ」と小さな包みをくれました。

choco_110213.jpg
手作りのチョコレート!
同居人と喜んですぐに食べてしまいました。おいしかったなぁ。

しばらくして、また、コツコツコツ、とドアを叩く音。ちぃちゃんが忘れ物かな?と覗いてみたら、今度はご近所、アトリエ空心のSちゃん(中学生)が。「まだ試作中で、形はすごいことになってるんだけど、味は大丈夫です」と紙袋をくれました。

choco2_110213.jpg
チョコレートケーキとクッキー!

まだ温かいのを、急いで届けてくれたようです。妹のKちゃんと2人で、一生懸命作っている様子が目に浮かびます。形はヨレヨレ(笑)でも、味はホントにおいしかった。同居人のおじさんも(ちょっとモテて)うれしそう。鮨義さん、五月女家のみなさん、ありがとうございました!

(わたしはチョコレートあげないんですけどね)


posted by 店主かねこ at 15:35| Comment(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。