2006年07月07日

■新しい仕事場を契約

8月から仕事場を別途借りることにした。今日は七夕、大安吉日。不動産屋にて物件の契約を済ませてきた。

この物件、6月半ばにインターネットで見つけて、翌日には内見に行った。場所は豊島区雑司が谷。都電荒川線の鬼子母神駅から歩いて5分ほどの場所である。JR山手線目白駅、池袋駅からだと徒歩15分ちょっとぐらい。物件は元は美容院というより、昔ながらの“パーマ屋さん”という言い方がしっくりくる昭和の香りただよう造作。地元の人しかやってこない小規模な商店街の一角にある。

雑司が谷は何かと縁がある土地で、私の同居人は雑司が谷で生まれ育っている。今は東京音大の校舎になってしまったが、鬼子母神病院で生まれ、今回借りることになった物件のすぐ裏手にある、旧高田小学校(現在は統廃合され校舎のみが残る)に通っていた。

そのため、同級生や知り合いがこの辺りにたくさん住んでいる。毎年10月に行われる鬼子母神の御会式には、私もここ15年ぐらい参加していて、楽しみにしているお祭り。

それから、お世話になっている高尾事務所もすぐ近く。私はこの事務所でホームページ制作やソフトの勉強をさせてもらった。社長の高尾さんとはその後も写真展などでご一緒させていただき、神楽坂・アユミギャラリー、サンポイズムのご縁にも繋がった。私のデジタル師匠として頭の上がらないお方である。

繁華街の池袋に近いのに、中間にある鬼子母神、大鳥神社、巨大な雑司ヶ谷霊園がクッションとなって、雑司が谷はまるで「村」のような風情となっている。実際、町全体の高齢化が進んでいて、道行く人はお年寄りが目立つ。子供が少ないから小学校も中学校も統廃合でなくなってしまった。大型スーパーもない。山手線円内の「取り残された町」と言ってもよい。

だから雑司が谷が好きなのだ。

これは負け惜しみでもなんでもなくて、雑司が谷にはたくさんの路地があり、坂道があり、井戸があり、古い家々が残っている。町が熟成している。ここには、なんちゃらヒルズが逆立ちしたって真似のできない、庶民が積み重ねてきた生活を感じることができるのだ。

そんな町で、これから仕事ができると思うと一人ニヤニヤしてしまうのだが、真夏の一番暑い時に、内装工事や棚作りをしなくてはならないし、事務所兼倉庫として使うためにクリアしなくてはならない事項もたくさんあり、しかも、ちょっとした店舗の部分も作ろうという魂胆なのだから。暑さでボンヤリしているヒマはないのである。

これからの仕事場作りを順次、「雑司が谷・仕事場日記(仮)」としてアップしていきますので、どうか温かい目で見守ってください。

kisimojin02.jpg
契約の日、鬼子母神はちょうど縁日だった

asagaoichi.jpg
朝顔市ものんびりと

kisimojin.jpg
雑司ヶ谷の鬼子母神は、鬼の字のツノがありません 読み方も正しくは「きしもじん」ですよ(ちゃんとパソコンでも変換されます) 安産・子育ての神様ですが、商売繁盛、無病息災をお祈りしました


posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | □雑司が谷仕事場づくり日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祝。
なるほど、あのあたりですか。
いい感じ。
これからですね。
楽しみ、楽しみ。
Posted by Mongo at 2006年07月14日 07:55
この間、鬼子母神に行きました。安産のお守り。
おっと、僕の子供ではないですよ(笑)。

おめでとうございます。素敵です。

きしもじん、う〜ん、やわらか。
楽しみにしております。
Posted by ケイスケ at 2006年07月14日 09:21
おっ、なんだかいろいろ動き始めてますね。
たのしみたのしみ。
Posted by non at 2006年07月14日 20:42
>Mongoさん
聞いたと思いますが、ナンダンナの会社のすぐ近くです。
雑司ヶ谷あたりにはライブハウスはないもんねー
レコード屋も、ないなぁ。
「吾輩は主婦である」にちなんで、
雑司ヶ谷霊園で夏目漱石の墓を拝みに来るっていうのは
どうでしょうか。(今日で終わっちゃいましたね)

>ケイスケ
びっくりしたー。早くもできちゃったのかと思った。
30代も、もがき続けます。
早稲田から都電ですぐだから、遊びに来てね。

>nonさん
お世話になっております(笑)
落ち着いたらまたお仕事の依頼をしたいので、
メールしますね。
松坂屋でもぼちぼち売れてます。
Posted by か猫 at 2006年07月14日 21:56
いえいえこちらこそ(笑)
売れてるのは嬉しい〜。
・・・しかし、今回のはちょっと渋好みすぎでしたかねぇ(^^;;
また、もろもろお話いたしませう。


Posted by non at 2006年07月15日 13:58
「吾輩は主婦である」最終回、お墓映りましたね、行ってみるかな。

ちなみに40代だってもがき続けるんですよ。
Posted by Mongo at 2006年07月15日 14:41
>nonさん
大丈夫、渋好みなお客さまもきっといらっしゃいます。
気長にじっくりいきますよ。

>Mongoさん
他に、永井荷風、竹久夢二、小泉八雲、サトウハチロー、泉鏡花、島村抱月、川口松太郎、大川橋蔵、東郷青児、古川緑波、福永武彦、安藤鶴夫………もういいですか。
多くの著名人が雑司ヶ谷に眠っております。

うちの40代ももがいてますねぇ。
Posted by か猫 at 2006年07月15日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック