2011年12月03日

■カレンダーではなく「暦」です

▼写真クリック、オオキクナリマス
mamekoyo_01.jpg
豆本暦 2012年版 262(税抜250円)
寸法:豆本部分のみ 2.5×3cm 紙製
表紙の千代紙の柄はいろいろです 日本製(東京)


mamekoyo_02.jpg
豆本仕立てのカレンダーに、根付紐と鈴がついています。真面目に、こういうものを作っておられるメーカーさんに拍手したいです。ありがとう、人生を楽しいものにしてくれて、ありがとうー!(大げさ)

mamekoyo_03.jpg
ちゃんと2色刷りで、休日がわかりやすくなっています。

mamekoyo_04.jpg
紙の色が変わる後半は、メモ帳になっておりますよー。

mamekoyo_05.jpg
お財布に、iPhoneに、鞄に……そりゃあ携帯やパソコンで、いつでもデジタルのカレンダーが見られるのはわかってます。けれども!このご時世に!あえてアナログですよ。どうですか。

////////////////////////////////////////////////////////////////

edokoyo_01.jpg
江戸歳時記暦 1,575(税抜 1,500円)
寸法:11×56.5cm(紐含まず)和紙製
日本製(東京)


西洋のカレンダーが普及する前、日本の暦はどうなっておったのでしょうか?

明治政府になって太陽暦に改暦するまでは、月の満ち欠けで日付を決める旧暦(太陰暦)を使っておりましたので、暦を作るのに独自の計算が必要で、非常に難解なものだったそうです。

edokoyo_02.jpg
さて、この「江戸歳時記暦」はそこまで難解ではありませんが、決して見やすくもありません(笑)漢数字が縦に並んでおりまして、一応曜日も表示されていますが、「週」として実に把握しにくい……けど、その見にくさがどうもたまらない、面白い、と思っていただける方、よろしくお願いします。

edokoyo_03.jpg
素朴なイラストで、日本の歳時記が表示されております。


memo1.jpg◎ご注文、お問い合わせはメール・お電話・FAXでも承ります
>>通信販売の手引き



posted by 店主かねこ at 03:48| Comment(0) | □新着/再入荷のお知らせ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。