2006年09月18日

■ベンチチェストの作り方

z_918_01.jpg
本日の大家さんの差し入れ。バナナ。

z_918_02.jpg
DIY教室はじまりはじまり。箱を組む。

z_918_03.jpg
木材の角にヤスリをかけてから、木ネジの位置を決めてキリで下穴を開ける。埋め木でネジを隠すため、8mmのダボ穴も切っておく。

z_918_04.jpg
木ネジでしっかりと留めていく。

z_918_05.jpg
底の角材は補強です。底抜けしないように。

z_918_06.jpg
2階の内装で余ったベニヤを、底板に使う。サイズを測って鋸で長方形にカット。

z_918_07.jpg
箱ができましたー。

z_918_08.jpg
フタを蝶番でつける。幅900、奥行き450mmの大きなフタなので、今回はピアノ蝶番を3つ使ってみる。

z_918_09.jpg
できましたー。

z_918_10.jpg
オイルステインで塗装。これで終わりではありませぬ。

z_918_11.jpg
座面に一人用の畳を2枚。実はこの畳のサイズに合わせてベンチを作ったのでありました。

z_918_12.jpg
この一人用の畳は、福岡の畳職人さんのオリジナル。縁に使っているのは柳宗理デザインのファブリック。小さいながらも、井草のよい香りがする。ご来店の際にはぜひお掛けください。


posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | □雑司が谷仕事場づくり日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック