2012年01月19日

■だるまにちなみ、こんなものもあります

「七転八起 だるまつり!」は22日(日)までの予定でしたが、会期中にとてもご紹介しきれない商品量と、もっとたくさんの方に福島のだるまに触れていただきたい、ということで、会期延長が決定いたしました。1週間延びて29日(日)まで開催します。まだまだ間に合いますので、ぜひ旅猫雑貨店へお越しください!

darumacya_01.jpg
だるま茶(煎茶) 500円
静岡・掛川産 深むし茶 100g入

「だるま茶」といっても、だるまが入っている訳ではありません。だるまとお茶の関係って?

だるまのモデルはインドの僧侶、達磨大師というのはご存知かと思いますが、この達磨大師が中国の少林寺で眠らずに座禅を続ける厳しい修行中、ついに眠りこんでしまったことに怒り、二度と眠らないように自分のまぶたを切り取って地面に投げたところ、それが発芽してお茶の木になった、という伝説があるのだそうです。(知らなかった!)

深むし煎茶は、濃厚なのに渋くなく、マイルドな口当たりが特徴。少し前に、お茶の葉をすり鉢ですって飲む「すり鉢茶」が流行りましたが、深むし煎茶は長時間蒸すことによって茶葉の繊維がぼろぼろになり、さまざまな成分が出やすくなっているので、すり鉢ですらなくても、体にいい成分がお茶の中に含まれているのです。

パッケージもかわいい、調布深大寺・田中園の「だるま茶」、本当におすすめですー。

tougarashi_01.jpg
七味唐がらし 350円
原材料:唐辛子、山椒、白ごま、陣皮、けしの実、
    あおさ、麻の実
内容量:25g 製造者:(株) けんこう舎


tougarashi_02.jpg
だるまの張りぼて、ぼて君のイラストが入ってますよ!

深大寺といえば、おいしいお蕎麦屋さんがたくさんあることと、だるま市(今年は3月3日、4日です)が有名です。場所柄か、だるま市には唐がらし売りの露店がいくつか出るそうです。その場で好みの辛さで調合してくれるのもいいですよね〜。

けんこう舎の七味は、唐辛子の辛味を程よくおさえ、7種の香りと味わいを絶妙なバランスで配合しています。

●うどん・そば ●鍋もの
●汁もの ●焼き鳥 ●焼き魚
●天ぷら ●丼もの ●漬けもの  などに…

キレのよい辛さと、上品な香りをご賞味ください。

darumacya_02.jpg
調布チャンもおすすめよ!


memo1.jpg◎ご注文、お問い合わせはメール・お電話・FAXでも承ります
>>通信販売の手引き

《おすすめだるまグッズ》
あづまぶくろ
豆だるま 三春クンと調布チャン
ストラップいろいろ
だるまちばり

会期延長となりました! 29日(日)まで!
anime_banner2.gif



posted by 店主かねこ at 23:55| Comment(0) | □新着/再入荷のお知らせ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。