2006年10月12日

■急ぎたいのはやまやまなれど

z_1012_01.jpg
本を並べてみた

家族や友人知人が様子見にやってくるようになったので、尻に火がついたような気持ちになっているのだが、日々の発送やメール対応、それからUBCに一箱古本市の準備もあるしとアワアワで、なんて誰にするともない言い訳をつぶやく午後3時。どっちが優先かと問われれば、よそさまへの責任と期限のある仕事なわけで、やっぱり自分の店のことが後回しとなっていく。畳の一目ずつでも、日々是前進。

z_1012_02.jpg
大家さんから、「旅館に泊まりに来たみたいだねぇ」という感想をいただいた、照明+笊。

z_1012_03.jpg
和傘の美しさを知って以来、どうしても売りたかった蛇の目傘。

z_1012_04.jpg
ご来店の折には、どうぞお手に取ってみてくださいな。

z_1012_05.jpg
もちろん開いちゃってください。中村主水の内職でおなじみかと思いますが、実際に触ってみるとその美しさに感動すら覚えます。


posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | □雑司が谷仕事場づくり日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。