2012年05月11日

■「第3回 雑司が谷みちくさあるき」参加者募集します

michiaruki3_web.jpg
▲クリックで拡大

みちくさ市の開催に合わせて、春と秋に行っているまち歩きイベント「雑司が谷 みちくさあるき」。毎回、さまざまなテーマ・角度で雑司が谷の町を歩いてみようという企画です。

案内人はタウン誌『わがまち雑司が谷』の編集補佐・余吾育信さんと、1991〜93年まで発行されていた地域雑誌『坂まち通信』の元編集人で、雑司が谷の地形に精通している写真家・岩田智明さんがつとめます。

雑司が谷という町をもっと知りたい方、地形や地図、史跡に興味のある方など、年齢性別問わず気軽にご参加いただける内容です。

雑司が谷みちくさあるき
第3回のテーマ:
観光案内では紹介されない ディープな雑司が谷めぐり
ーーこんなところもあったのか!ーー

◎日  時
2012年5月20日(日)12:00〜15:00頃まで
※雨天の場合は5月27日(日)に順延開催となります

◎集合場所
雑司が谷旧宣教師館 入口
▼地図
https://tabineko.up.seesaa.net/image/senkyousi_map.jpg

◎参加費:500円(資料代込み)

◎募集人数:10人前後

◎申し込み:「ぞうさんぽの会」メールアドレス
michikusa.walk@gmail.com
宛に必要事項(氏名/参加人数/連絡先電話番号)を記入してお申し込みください。

雑司が谷と言えば「鬼子母神」「都電」「漱石の墓」と思っているそこのあなた、それだけじゃありません。え、こんな所に、こんなものが? 江戸時代以前の中世の面影や、関東大震災後の近代建築、そういうものも雑司が谷には遺り、また今は暗渠となった謎の川筋も…いったい、雑司が谷とは何ものだと、謎は深まるばかり。
他の何処にもない、不思議な雑司が谷の魅力を、新緑の中をいっしょに散策しながら、感じて頂ければと思います。

今回は、単に街を歩くだけではなく、大正、昭和の雑司が谷を知る「雑司が谷人」を直接訪ね、かつての雑司が谷の姿のお話しを伺う予定です。街は、自然や街並みを見るだけではなく、そこに暮らし続けたひとに直接ふれることで、より身近に感じられるものだと思うのです。請うご期待!!

◎主催:ぞうさんぽの会
スタッフ/余吾育信・岩田智明・金子佳代子
ブログ/http://michikusa-walk.seesaa.net/

posted by 店主かねこ at 01:05| Comment(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。