2006年10月25日

■いただきます

z_1025_01.jpg
お久しぶりに大家さんの差し入れを撮影。日に1回は来ないと気が済まないとのことで、毎日、いらっしゃいます。いやぁホントにありがたいことです。

z_1025_02.jpg
こちらは兄の包丁研ぎのお客さんで、池袋ジュンク堂裏にある和菓子店、すずめやさんのどら焼き。包丁研ぎのお礼にと、わざわざ持ってきてくださった。いただいてみたら、すご−−−く美味しい!皮がふっくらと厚くて、つぶあんもぎっしり入っているのに、ペロリと食べてしまった。私のどら焼きランキング、ベスト3に食い込んだ。ご来店の折、運がよければお茶菓子にお出しすることもあるかもしれませんよ?
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かねこさんとこの大家さんというのはいったい何者なのでしょうか。
何がそうさせるのでしょうか。

私は今、ナンダンナお手製の巨大おにぎりをぺろんと2個目食べ終えたところです。
差し入れ、というか夜食、というか配給、餌。
歩く食欲の塊です、私。ほんとヤバいです。

湯たんぽがんばってくださいー。でも寝なきゃ!

どらやき美味しそう…。うさぎやよりも美味?
Posted by ナンダ at 2006年11月15日 00:57
何でも、1つだけ買う、ということをしないんだそうです。
何かを、いいな、と思ったら、いくつも買って、
それを誰かにお裾分けせずにおれない方のようです。
写真に撮っているのは、ほんの、一部。
ナンダさんがお店に来たら、きっと大家さん喜びますよー。
いっぱい、いろいろくれるかもしれません。
うい坊連れて、おいでね。

私のランキングでは、うさぎやは6位です。
Posted by か猫 at 2006年11月15日 21:13
すごいーー。
懸賞生活ならぬ、差し入れ生活ができそうですね。

うさぎやが6位…っっ!!

あとでベスト5を教えてください。こっそり。
Posted by ナンダ at 2006年11月16日 23:38
いやもう、充分に差し入れ生活をしております。
だって「食事は私に任せなさい!」って大家さんが……。

うさぎやって、私は「並上」ぐらいだと思っています。
食べて感動するってほどでもないような。
どらやきの難しいところは、
高級=旨い
にならないところなんですよ。庶民の食べ物ですから。
ちゃんと「わかってる」職人さんが作らないと。
うさぎやほど有名じゃないお店に、
本当においしいどらやきがいくらもありますよ。
今度、こっそり教えます。
Posted by か猫 at 2006年11月17日 02:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック