2013年10月02日

■10月の展示ご案内「東部の手と手織り」は4日(金)スタートです

toubu_dm.jpg
旅 猫 雑 貨  其 の 二 十 三
東部の手と手織り
〜 冬支度、はじめました。〜
2013年10月4日(金)〜13日(日)
12時〜19時(日・祝11時〜18時)
*期間中、7日(月)はお休みです


こんにちは。
中野区の “ 東部 ” にある障害者のはた織り工房です。
「冬支度」といっても私たち、一年中織ってるんです。
マフラー、ひざ掛け、バッグ、お財布、
ほかにももっと。

あったかいのは当たり前。
うちの自慢は、一つ一つが織んりいワン☆
そして織んりいユウ!

会場/旅猫雑貨店にて(地図
http://www.tabineko.jp/shop_info.html

÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷

ご縁あって、東京・中野区東部福祉作業センターで作られている織物作品の展示販売会を行うことになりました。30年にわたって障害者によるはた織りを続けている工房です。わたくし店主も今年2月に工房にお邪魔して作業の様子を見学させていただきました。

hataori_01.jpg
ひと目ひと目、とても丁寧に織られています

hataori_02.jpg
大きなはた織り機に糸をセッティングする職員のみなさん

はた織りは糸の種類や色、織り方によってさまざまな表情があります。東部で織られている作品の一部をご紹介します。
teori_01.jpg
teori_02.jpg
teori_03.jpg
teori_04.jpg
teori_06.jpg
teori_07.jpg

昨冬、わたしも自分用と母へのプレゼントとしてマフラーを購入しました。とてもやわらかくて暖かい! 寒い時期に手織り布の素晴らしさを実感しました。

teori_09.jpg
▲東部のマフラー。店主私物です

今回は、はた織り作品と共に、製作しているみなさんの「手」の写真も一緒に展示する予定です。世界にたったひとつの「織んりいワン」を見つけに、ぜひご来店ください。

#近年、マスメディア等では「障害者」を「障がい者」「障碍者」と表記していますが、中野区では「障害者」という表記が主に採用されていること、そして東部福祉センターのみなさんが違和感を感じない表記ということでご指定いただき、ご案内はがきや紹介文は「障害者」といたしました。

◎中野区東部福祉作業センター
http://www.tobu.sactown.jp/


posted by 店主かねこ at 21:05| Comment(0) | □旅猫雑貨「展」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。