2013年12月22日

■ 毎年恒例! 早稲田にて出張販売中です

tateishi_2013.jpg
早稲田・穴八幡宮で毎年冬至(2013年は12月22日 日曜日)から節分まで「一陽来復御守」の頒布があります。

江戸時代・元禄年間から穴八幡だけで授与されてきた伝統のあるお守りで、冬至の本日は午前5時(!)から頒布がはじまり、早朝から数百メートルに渡って長い長い行列ができるほどの人気があります。

その穴八幡宮のすぐ脇にある立石書店店頭にて、今年も旅猫雑貨店の干支・縁起物の出張販売を行なっております。期間は12月22日(日)〜29日(日)まで。

穴八幡宮境内には縁日が立ち、一陽来復御守を供える方角(毎年変わります)を調べるための方位磁石屋さんがいたり、ちょっと他の縁日では見ないような不思議な露店が多く並ぶのが特徴です(つまり楽しい!)。早稲田古本屋街の散策と合わせて、ぜひお越しくださいまし。

ちなみに、なぜ冬至の日にそんなに行列するのかと言いますと、一陽来復御守は、冬至の日、大晦日、節分の日、のいずれかの日の12時に、室内の高い場所に供えなければならない、とされているため、冬至の日に買ってその日のうちに供える人が多いというわけです。

立石書店
〒162−0051
東京都新宿区西早稲田2−1−2
ハイツ森川1階
電話/FAX:03−6276−401 日曜定休
地図(Googleマップ):http://g.co/maps/qqcqx
posted by 店主かねこ at 18:32| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。