2007年05月06日

■お見事。

外市開催の2日間のみの企画、「けん玉割引」。練習なしの1回でお皿に玉をのせたら、お買い上げ金額から10%値引きとさせていただきました。

けん玉に触るのが初めて、という若い女性や、全く自信がないながらも果敢にチャレンジしてくださる方もあり、予想以上にお客さまにお喜びいただけたように思います。5日(土)は25名が挑戦し、成功者は4名。成功者が出るたび、店内にいる他のお客さま含め、全員で拍手喝采。いやぁ、楽しかったです。ご本人のご了承を得て、成功直後を写真に撮らせていただきました。ちなみに不成功に終わった方には、気持ちばかりの残念賞を差し上げました。外市恒例企画としたいと思っておりますので、次回、再挑戦をお待ちいたしております。

kendama_01.jpg
お一人目は外国の方。昔、けん玉でよく遊んだとおっしゃってました。海外にもあるのかしらん。

kendama_02.jpg
2人目はこの方。器用にひょい、とのせてしまいました。躊躇のないところがかっこいい女性でした。

kendama_03.jpg
3人目はご近所の陶芸家Sさん。簡単ですよー、という言葉と共に、皿ではなくいきなり“けん先”と呼ばれる細い棒に、一発で見事に入れました。技を見せていただき、感動。笑顔が最高です。

kendama_04.jpg
4人目は閉店間際にやってきた荻原魚雷さん。事前に練習してきたという噂です。当店で取り扱っている著書、『借家と古本』(コクテイル文庫)にサインを入れていただきました。新刊『古本暮らし』(晶文社)サイン入りも外市会場で絶賛販売中です。


posted by 店主かねこ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。