2005年06月15日

■おみやげ

chinatea01.jpg

出張で上海に行った人からお土産をもらった。かわいらしい缶には「茉莉五染金花」とあり、ポットの中で花開くタイプのジャスミン茶らしい。似たようなお茶を前に根津の花影抄でいただいたことがある。お湯を入れて茶葉を蒸らす時間も、花が開く様子が楽しめるお茶だった。

chinatea02.jpg
さっそくガラスポットでお茶を入れてみる。

chinatea03.jpg
少しずつ葉が開いていくが、その様子がちょっと怖い。

chinatea04.jpg
クワッ。こえぇー。真ん中からなんか出てきた。

chinatea05.jpg
30秒ぐらいの間に変体完了。丸めた茶葉の中に、糸でレイのようにつないだジャスミンの花が立ち上がる。ヒヤシンス?いやぁ、えらいことになりました。お茶は金色でさっぱりとした味。見た目に反してジャスミンの香りは控えめで飲みやすい。茶芸という言葉は聞きますが、お茶自体が芸をする、中国三千年の歴史はすごい。のか?

****** お知らせ ****************************
根津・花影抄のギャラリーでは、当店でも人気のある亀の鉢、蛙の茶器などの作者、北澤いずみさんの個展を開催中です。おいしいお茶と根津下町散策も兼ねて、ぜひ訪れてみてください。

北澤いずみ陶展 − 豆皿 小皿 エトセトラ −
 2005年6月14日(火)〜26日(日)
 PM12:00〜PM8:00
 (日曜)PM12:00〜PM6:00
 月曜定休

 Tea & Gallery 花影抄(はなかげしょう)
 〒113-0031 東京都文京区根津1-1-14
            らーいん根津202
 TEL/FAX 03-3827-1323
 ◎地下鉄千代田線根津駅(1番根津交差点口)徒歩1分


posted by 店主かねこ at 13:51| Comment(4) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしもこれ最初煎れたとき、およよっ!と驚きました。これが中国か。と。
それにしてもミジンコみたいですね。
一番上の写真。ケンミジンコ。
Posted by ナンダ at 2005年06月16日 10:48
ケンミジンコ……
顕微鏡で見るとひょうひょうと動いてるアレですか。
ぞぞぞ。

ちなみに為五郎は「こわい」と言って飲みません。
美味しいのに!
Posted by か猫 at 2005年06月16日 21:09
おぉー!茶葉が開くだけのは飲んだ事あるけど、花が開くの初めて見ました!
すごい〜きれい〜
Posted by のん at 2005年06月17日 01:46
そうなんですよ!
まさか真ん中から花が立ち上がるとは思ってなかったので、
ハトでも出てくるんじゃないかとドキドキしてしまいました。
しかしまぁ、あの丸の中にうまいこと入ってるもんですねぇ。
Posted by か猫 at 2005年06月17日 02:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック