2005年06月17日

■蚊に刺されつつ

異様に蚊に刺されやすい体質ですが、元我堂で今年最初のひと刺しを食らいました。いや、正確には二刺し、足首と足の甲という、なんともやるせない場所。早速蚊取り線香を焚きました。日本の夏、キンチョーの夏です。

昨日の讀賣新聞朝刊で元我堂が紹介されて、さて少しは反応があるかな?と心持ちはりきっての店番。常連さんに混じって、なんとなくではあるけれど、記事を見て来てくださった感じの方がチラホラ。金曜日は比較的お客さんの滞在時間が長いのですが、今日は1時間近く椅子に座って、のんびりと本を眺めていかれる方が何人かいました。

最近導入された竹の縁台は、晴れた日は店の外に出して「どなたもお座りくださいな」という心意気を見せているのですが、阿佐ヶ谷の皆さんはまだまだ遠巻きに眺めて通り過ぎていきます。時折、子供が2,3人でやってきてキャッキャと喜びながら並んで座ることもあります。なんだか麦茶とかスイカをお出ししたいような、うれしい眺めです。早く人々に溶け込んで、誰でも気軽に座って休んでいく縁台になるといいなー、なんて思っています。

blackboard.jpg
今日の黒板。ヘタだなこりゃ。


posted by 店主かねこ at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | □古本のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よっ、風流だねえ
Posted by Mongo at 2005年06月20日 12:54
密かに俳句や短歌をひねり出しては
黒板に書いておくのですが、
たまにお客さんにダメ出しされたり、
「僕ならここは○○にするなぁ。」などと
批評されることがあります。
それが楽しいのです。
Posted by か猫 at 2005年06月20日 16:25
私も蚊に愛されるタチの為、あっという間に餌食です(笑)
自然の風は気持ちよくって大好きなのですが、
蚊とはいつまでたっても仲良くできませんなぁ。

そんな風流な縁台、近かったらすぐにでも行ってみるのになぁ〜〜。
たとえ蚊と戦ってでも。。。

ネット上で気分だけでも味あわせていただきやす!
Posted by QP at 2005年06月21日 00:48
元我堂は二間分のガラス戸を開けはなっているので、
夏は蚊の襲撃がものすごいんです。
静かに本を読んでいたら、おでこを刺されます。
なので足下に蚊取り器を2個、店の入り口には
蚊取り線香を焚きます。
すぐ手に取れる場所にはかゆみ止め。
縁台は風流なのですが、店番は必死です(笑)
Posted by か猫 at 2005年06月21日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック