2007年07月23日

■富士山アタック・その3

未読の方、最初からどうぞ >> その1

fuji07_19.jpg
16:57  八合目(標高3100m)着。七合目→八合目まで1時間10分。七合目で登山ガイドの人が「40分ほどで八合目です。その間ずっと岩場です」と教えてくれたのだが、我々の足では40分はとても無理。5分登って3分休み、ぐらいのペースか。両手両足を使ってよじ登るようなところもあった。

fuji07_20.jpg
山小屋前でほっと一息。八合目では500mlのペットボトル1本500円。水道がないので、とにかく水分は貴重。しかし下から持っていくには2本がせいぜいで、それでもザックが重く感じる。値段はどうあれ、ここで追加購入。

fuji07_21.jpg
17:15  10分ほど休憩してまた登り始める。宿泊する山小屋は八合目でも上の方(標高3250m)にあるので。明るいうち(元気なうち、ともいう)に少しでも標高を稼いでおいて、夜間登山となる頂上までの距離を短くしようという計画である。

fuji07_22.jpg
標高3000mを越えると気温が徐々に下がってきて、各自持ってきた上着を重ね着しはじめたが、午後6時をまわって、急激に寒さを感じた。Mongoさんがやおら“赤トウガラシ男”に変身した瞬間。18:27。

fuji07_23.jpg
18:43  標高3250m着。五合目からは、約7時間もかかった。標準よりはかなり遅いかもしれないが、それが我々のペースで、早いからエライというものでもなく、ゆっくりでも登ってこられればよいのだ。

fuji07_26.jpg
宿泊する山小屋・元祖室(がんそ むろ)の外観。1泊2食付きで1人7350円。

fuji07_27.jpg
まだ新しい山小屋らしく、室内は木の香りがして、むさ苦しい感じが少しもなかった。前回、富士宮口の山小屋では1枚のせんべい布団(クサイ)に3人で寝かされたので、今回も期待はしていなかったのだが、5人分のスペース(布団5枚)を4人で使ってよいとのことで、ゆったり。トイレ(有料:100円)も洋式のバイオトイレで匂いもなくきれいだった。

fuji07_24.jpg
山小屋から北西方向の眺め。下界は一面の雲海に覆われていて、そこに夕日が美しい陰影を作りだしている。ふと気が付くと、あたりは全くの無音。人間以外は、車も、テレビも、パソコンも、風に揺れる木も、動物さえもいない高山の静寂。
fuji07_25.jpg


fuji07_28.jpg
19:30  夕食。山小屋の定番、カレーライス。ウィンナーが1本ついているのがこころにくい。高地のため沸点が低く、米などは圧力釜でないと炊けないそうだ。ぺろりとたいらげる。
食後、荷物の整理、洗面(ペットボトルのお茶で…)をすませ、9時前には全員寝床につく。私は持参した文庫本(『文豪ミステリー傑作選』河出文庫)を読みはじめたが、疲れていたので5、6ページも進まないうちに眠ってしまった。

(つづく)
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冷たい風除けにはやはり合羽。
この合羽は野外ライブでかなりお世話になった優れもの。
しかし、大変なのは実はこの後ですねー。
Posted by 赤トウガラシ男 at 2007年07月26日 01:37
赤トウガラシ男さん、どうも。
あの合羽を見て、山ではあのぐらい目立つ色が必要だね〜と為五郎と言い合ってました。
万が一、滑落してもすぐみ見つけてもらえそうですし!

このあと、大変すぎてあんまり写真撮ってなかったりします……

Posted by か猫 at 2007年07月26日 02:05
>このあと、大変すぎてあんまり写真撮ってなかったりします……

やっぱり。うちもです……
Posted by Mongo at 2007年07月26日 07:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック