2007年08月14日

■奥武蔵で遭難?その1

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大します
treck070814_01.jpg

夏休みイベントその2。精神と肉体を鍛えることと(ウソ)、富士登山で揃えた道具・用品を活用すべく、近郊の山を目指す。最寄りの西武池袋線を秩父方面へと、1時間も乗ればもう山、山、山だらけなのです。標高は低く、初心者のハイキングから健脚の登山レベルまで、豊富なコースあり。富士山で味をしめた我々、無謀にも一番ハードな"登山レベル”と言われている奥武蔵、伊豆ヶ岳ルートを登ることに。

西武秩父線・正丸駅から正丸峠→伊豆ヶ岳→古御岳→天目指峠→子の権現→吾野駅まで、標準歩行時間は5時間とされているコース(伊豆ヶ岳で折り返す3時間コースもあり)。休憩時間を入れたら7時間ぐらいだろうと見込んで、10時に正丸駅をスタート。夕方、暗くなる前には吾野駅に辿り着けるはず。

treck070814_02.jpg
歩きだすとすぐ沢沿いの道になる。この日は同じ埼玉県の熊谷市で観測史上最高気温の40度が記録され、山なのに全然涼しくない。沢の水に手が届かないのがもどかしい。

treck070814_03.jpg
さわやか〜。

treck070814_04.jpg
水遊びして帰ろうか。

treck070814_05.jpg
暑い暑いと言いながら歩いていると、電柱にこんな注意が。念のため熊避けの鈴をザックにつけてきた。りんりん。

treck070814_06.jpg
駅から1キロぐらいの沢沿いまで、ポツポツと民家がある。生活しながら人の手で補修が繰り返された様子が楽しい。沢の水を生活用水として引いている家もあった。

treck070814_07.jpg
舗装路が途絶えると民家もなくなり、いざ、山の奥深くへ。

treck070814_08.jpg
「かめ岩」という巨岩。一塊の岩が亀の甲羅のような形になっていて、なんとなく足や首もある感じ。夢でうなされそうな迫力。あまりに大きすぎて全体像は撮影できず。

treck070814_09.jpg
車やバイクの運転が好きな方々(別名、走り屋とかドリフト族とかボーソー族とか)にはお馴染みの正丸峠。事故を起こす車が多いのでしょう、急カーブが続く山道のガードレールはひん曲がったりちぎれたりして、まともなのがなかった。

treck070814_10.jpg
正丸峠からの眺め。峠にある奥村茶屋で水分を補充。

treck070814_11.jpg
再び山道に入って、少し見晴らしのいいところで昼食。

treck070814_12.jpg
このルートは「関東ふれあいの道」と呼ばれる、全長1665kmの長距離自然道の一部。沢、森林道、急傾斜と、変化に富んでいる。

treck070814_13.jpg
岩とふれあい。
 
<つづく>
posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お弁当がなんておいしそう!
西武線が案外近かったので、小学校のころ伊豆ヶ岳に登山経験あり。コースがとってもハードそうですが、楽しそうですー。行きたい。
写真を見ていると一緒に登っているみたいです。写真見るだけだと楽チンチン。続きが楽しみ。
あ、調布IC近くに、湯温47度の高温をほこる銭湯があります。じわーっときますよ、旅猫さん好みかも? 
Posted by 海ねこ at 2007年08月28日 21:05
おぉー、小学生で!
伊豆ヶ岳までだと3時間ぐらいですけど、
結構キツいところありました。
ま、「富士山に比べれば」が合い言葉になって(笑)、
深呼吸して樹木の香りを嗅げるだけでもシアワセです。

熱い湯の銭湯が少ない昨今、47度にはなかなか出合えません。
先日入った、早稲田の銭湯は46度でした。
たまらんですわ、クーッ!行きたーい。
Posted by か猫 at 2007年08月28日 22:47
思い出しました。
10年以上前にこのあたりの山道を走るイベント「マラニック」(ピクニック+マラソンらしい)に参加したんでした。
スタートはどこだったか忘れましたが(正丸峠よりは手前)ラストは子の権現→吾野小学校でした。
私はあんなところを走れるわけなくて進むだけでせいいっぱいでしたけど。
後半の写真が楽しみ。
Posted by Mongo at 2007年08月29日 07:22
ご夫婦揃って、昔からタフなことしてますねー(笑)
走るなんてとんでもない山道ですよ!

それにしても「マラニック」って強引な………。
Posted by か猫 at 2007年08月30日 02:09
おお、このコース歩いたな。逆の短縮コースだったと思うが、家族で行った。滝のところで、足を滑らせ、派手に転び、滝壷に落ちそうになった。
なつかしいなあ。
Posted by 岡崎武志 at 2007年08月30日 21:10
実はわたしも2回転びました。下りがどうも苦手です。
師匠といえば高尾山、というイメージ。
秩父もいいですよ、と今度お会いした時に言おうかと
思っていました。
次回は高尾山に行くかもしれません。一度も行ったことがないんです。

(学習院の講座ですが、コウノと2人、またお邪魔いたします。)
Posted by か猫 at 2007年08月31日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック