2007年09月15日

■白い本棚

店を閉めた後、ブックギャラリーポポタムへ。壁一面を占める本棚の本すべてに、白いカバーをかける作業のお手伝い。
高知から来るピンホール写真家が、ポポタムの店舗空間全体をピンホールカメラにして、いつも本棚が見ているであろう風景を写し取るというインスタレーションの準備だという。先日説明を聞いた時も、作業をしている間も、いったいどんな写真になるのかよく理解できていないのだが、とにかく本棚の本を白くしないといけないらしい。
6時頃から作業を続けているポポタムの大林さん、サワダさん、それからわめぞ仲間の武藤さん、N氏の4人に加わって、黙々と白い紙を本に巻いていく。

popotam_915_01.jpg

popotam_915_02.jpg
絵本も小説もとにかくカバー

popotam_915_03.jpg
手早い大林さん

popotam_915_04.jpg
白い背表紙はカバーなしでもOK

popotam_915_05.jpg
面出しの本にもカバー

popotam_915_06.jpg
午後9時に完成。夢中でやっていたらあっという間に時間が経っていた。大林さんに大きなぶどうをもらって帰ってきた。

どんな写真なのかなー。気になる!


posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | □古本のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。