2012年01月14日

■店内だるまだらけ

darumaturi_120113_01.jpg
だるま、というと、政治家が選挙の当選の際に墨と筆で目玉をぐるぐるっと書き加えるシーンを思い起こす方も多いでしょう。あの目のないだるまの考案は、日本一のだるま生産量を誇る群馬県の高崎だるまが始まりだそうです。

(白河だるまを除く)福島県のだるまは、はじめから目玉が書き加えられているものが多いのですが、これは「八方睨み」といって、強い眼力でもって隅々まで睨みつけているのが本来のだるまの姿とのこと。いかにも邪気を追い払ってくれそうなんです。

fukusima_darumap.jpg

darumaturi_120113_02.jpg
いわきだるま 700円〜

darumaturi_120113_03.jpg
白河だるま 豆サイズ:210円〜

darumaturi_120113_04.jpg
だるチャンプロデュース〉製作のかわいいだるまグッズもいっぱい。

darumaturi_120113_05.jpg
直径2cmほどのミニだるまは、夢ちゃん望ちゃん叶くんの3種類があって、座布団付きで1個400円。このほか、調布オリジナルだるまもあって、これらはもちろん1つ1つ手描き。だるチャンプロデュースの代表・貴山さんが、福島の張子の里、高柴デコ屋敷まで修行に行き、修得した技術をメンバーに伝えながら製作されているものです。

darumaturi_120113_06.jpg
だるまのほか、オリジナル手ぬぐいで作った布小物(前掛け、あづま袋、コースター、ハンカチ、トートバッグ、巾着など)、福島4だるまのイラストがプリントされたTシャツ、絵てがみ、深大寺のだるま茶、七味唐がらしなども販売しております。

とにかく今、店内ではだるまさん達のお陰で「楽しい」「シアワセ」「元気になる」という声がみなさんから聞こえてきて、うれしい限りです。22日 29日(日)まで開催中ですので、ぜひ足をお運びいただければと思います。明日は雑司が谷鬼子母神で手創り市も開催されます。みなさまのご来店を、心よりお待ちしております!

会期延長となりました! 1/29(日)まで!
anime_banner2.gif



posted by 店主かねこ at 04:15| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

■「七転八起 だるまつり!」の目印は…

darumaturi_120113_07.jpg
旅猫雑貨展 其の七「七転八起 だるまつり!」、本日より始まりました。店頭に置かれた、調布・深大寺の巨大な張りぼてだるま、ぼて君が目印でーす。

darumaturi_120113_08.jpg
ゾウシガヤ ノ ミナサン、コンニチワ。

darumaturi_120113_09.jpg
このぼて君は、実際に人がかぶることができます。昨年末、深大寺のだるま展会場にてわたしもかぶってまいりました。だるまを見たり買ったりするだけでなく、だるまになってしまうことができる!それが「だるまつり」です!

「なんじゃこりゃ?」という往来の方々のやや冷ややかな視線を浴びながら、はやくだれかかぶってくれないかな〜、と期待していましたら、ご近所の鮨義さんご夫妻が揃ってやってまいりましたので、早速、だるまかぶり第1号および2号になっていただきました。

darumaturi_120113_10.jpg
ノリがいいね! すばらしい!

その後、通りかかった日本女子大の学生さんたちも次々とだるまになって記念撮影。とってもウケてました!

ぼて君も、22日(日)までで深大寺に帰ってしまいますので、それまでにぜひぜひ、雑司が谷の地でたくさんの方にかぶっていただきたいと思っております。そうそう、明後日、手創り市の日には、ぼて君が鬼子母神までくり出す予定です。姿を見たら、お気軽に声を掛けてくださいねー。(決してぶったり蹴ったりしないように!)
< 追記 >
この張りぼてだるまが作られたのはなんと40年前! 全日本だるま研究会や深大寺の地域のみなさんで補修をしながらイベント等で使っていらっしゃるものです。ところどころ傷みもあり、取り扱いはくれぐれも大切にお願いいたしますー。

……はっ! 肝心の店内のだるまの紹介は、またのちほど!

会期延長となりました! 1/29(日)まで!
anime_banner2.gif


posted by 店主かねこ at 15:30| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

■冬至の日は早稲田へ

tateishi_111222.jpg

早稲田・穴八幡宮で毎年冬至(2011年は12月22日 木曜日)から節分まで「一陽来復御守」の頒布があります。

江戸時代・元禄年間から穴八幡だけで授与されてきた伝統のあるお守りで、冬至の日は午前5時(!)から頒布がはじまり、早朝から数百メートルに渡って長い長い行列ができるほどの人気があります。

その穴八幡宮のすぐ脇にある立石書店店頭にて、今年も旅猫雑貨店の干支・縁起物の出張販売を行います!
期間は12月22日(木)〜30日(金)まで

穴八幡宮境内には縁日が立ち、一陽来復御守を供える方角(毎年変わります)を調べるための方位磁石屋さんがいたり、ちょっと他の縁日では見ないような不思議な露店が多く並ぶのが特徴です(つまり楽しい!)。早稲田古本屋街の散策と合わせて、ぜひお越しくださいまし。

立石書店
〒162−0051
東京都新宿区西早稲田2−1−2
ハイツ森川1階
電話/FAX:03−6276−401 日曜定休
地図(Googleマップ):http://g.co/maps/qqcqx

posted by 店主かねこ at 00:06| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

■豆折り本は残り4冊

mameori_01.jpg
あやせさやかさんが10冊すべて直筆で仕上げた豆折り本作品(1冊 3,500円)は、残り4冊となりました。この作品の売り上げは全額、福島県の放射能汚染対策への寄付金となります。

小さな作品ですが、豆本の頁をめくる楽しみというのはまた格別なものです。実物をご覧いただき、お気に召しましたらぜひご購入ください。(作品の性質上、通信販売はお受けしておりません。ご了承ください)

内容が気になりますよね? チラリとご紹介いたします。

mameori_02.jpg
mameori_03.jpg
あやせさやか 豆折り本作品『ふくろ』

mameori_04.jpg
mameori_05.jpg
あやせさやか 豆折り本作品『わんにん』

mameori_06.jpg
あやせさやか 豆折り本作品『ココココココ』

mameori_07.jpg
mameori_08.jpg
あやせさやか 豆折り本作品『なつめちゃん』

豆折り本自体は、京都の和紙メーカーで製本しているもので、厚手の和紙がしっかりと折り畳まれています。表・裏、両面に絵があり、あやせさんお手製のビーズ付き留め紐がセットになっています。

会期は27日(日)19時まで。豆盆栽もまだまだございます。みなさまのご来店をお待ちしております。東京メトロ副都心線・雑司が谷駅から当店までの道順は、あやせさんのブログを参考にどうぞー。
>>http://batari.exblog.jp/14988977/


mamefuku_banner.jpg

posted by 店主かねこ at 01:46| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

■くにたちコショコショ市に出店します

kunikosho_dm.jpg

くにたちコショコショ市 vol.2
個性豊かなメンバーが一箱分の本を持ち寄って
一日限りの青空古本市を開きます。
今回の会場は築50年の一軒家「やぼろじ」。
懐かしい本やはじめましての本。
ワクワクドキドキのひとときを、どうぞお楽しみください。


2011年11月27日[日] 11:00 〜 16:00
*雨天の場合は1月に延期となります

会場/やぼろじ
住所:東京都国立市谷保5119
map.gif
●JR南武線「谷保駅」北口より徒歩8分(甲州街道沿い)
●JR中央線「国立駅」南口より バス10分
 *京王バス「国17」府中駅行き、
  または「国18」聖蹟桜ヶ丘駅行き、
  停留所「国立府中インター入口」下車
 *甲州街道沿いを八王子方面に徒歩2分
●車の方は近隣コインパーキングをご利用ください。


[参加店舗]
◇岡崎武志堂 ◇傾き者と落伍社
◇国立本店 ◇junglebooks ◇旅猫雑貨店 ◇とかげ書林
◇とみきち屋 ◇文月文庫 ◇古本・泡山
◇ふるぼん まあぶる舎 ◇文庫善哉 ◇モンガ堂
◇やまがら文庫 ◇ゆず虎嘯 ◇RAINBOWBOOKS 他

会場の「やぼろじ」は、古民家を改修してカフェ、工房、ガーデン、オフィス、シェアハウスとして運用しているたいそうステキな場所です。
http://www.yabology.com/

詳細はブログでチェック!
http://d.hatena.ne.jp/kunikosyo-market/

posted by 店主かねこ at 22:06| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

■「まめふく展」商品紹介・その2

イラストレーター・あやせさやかさんが作るぽち袋は、やさしい線と大胆なデザイン。当店でしか買えません!(今のところ。)

通常、ぽち袋というと、同じ柄が3枚か5枚入り、という製品が多いですが、以前、あやせさんと話している時、「そんなにいらないよね…」「好きな柄を、1枚ずつ買いたい…」という意見が一致して、今回の展示で販売するぽち袋は1枚入り仕様となりました。

でも、1枚じゃなんだからと、それぞれにオリジナルシールが付いています。

あやせさやか ぽち袋
(お札四つ折りサイズ)200円
(500円玉サイズ)150円

ayase_pochi_01.jpg

ayase_pochi_02.jpg

ayase_pochi_03.jpg

ayase_pochi_04.jpg

ayase_pochi_05.jpg

ayase_pochi_06.jpg
シール付きです


mamefuku_banner.jpg

posted by 店主かねこ at 21:44| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

■「まめふく展」商品紹介・その1

mamefuku_match_01.jpg
あやせさやか オリジナルマッチ 1個・200円
10種類

あやせさん、がんばりました。マッチを10種類も作ってきてくれました。たいへんかわいいです。猫のフクスケ柄もアリ(わかるかな?)。

mamefuku_match_02.png
裏表、それぞれ別のイラストが配してあります。

mamefuku_match_04.jpg
背にもイラスト。凝っております。

mamefuku_banner.jpg

posted by 店主かねこ at 02:29| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

■本日より!「まめふく展」はじまります

▼写真クリック、オオキクナリマス
mamefuku_111118_01.jpg
旅 猫 雑 貨  其 の 六
まめふく展
2011年11月18日 (金) → 27日 (日)
12時 → 20時(日・祝 11時 → 19時)月曜定休

本:あやせさやか 盆栽:旅猫雑貨店
10冊の豆本の中より おどる うかぶ
ねこ おに 小さきものもの を蒔き

旅猫雑貨店・店内にて!
http://www.tabineko.jp/shop_info.html

あやせさやか イラストレーション
http://www.ne.jp/asahi/w/ayase/

////////////////////////////////////////////////////////////////
mamefuku_111118_02.jpg
あやせさやかさんの直筆・豆折り本作品10部は、お手に取ってご覧いただけます。オリジナル留め紐付き。
*豆折り本作品の売り上げは、全額、福島県の放射能対策への支援金となります。

mamefuku_111118_03.jpg
ミニ額絵もお勧めです。あやせさんの「ブキミ線画」は、謎の生物のような、妖精のような、はたまた宇宙を感じさせるような、普段意識していない部分を刺激してくるイラスト。ポップなカラー作品でも、どこかにチクリと不思議な芽が出ています。
銅版画とロットリングによる大きな額絵は、北海道の家具職人が作ったオイル仕上げの木のフレームがとても素敵です。

mamefuku_111118_06.jpg
そして当店で製作した豆盆栽は1ヶ月前から作り込んでいたのですが、先日、ご近所の陶芸家・五月女寛さんから盆栽鉢をご提供いただき(ありがとうー!)、半分ほど植え替えをいたしました。自画自賛で恐縮ですが、たいへんに素晴らしい出来になっております! あやせさんのブキミカワイイ世界とあまりにぴったりのイメージで、わたくし店主も驚いております。

mameruku_111118_05.jpg
多肉植物は水やりにあまり気を使わずに育てられますし、冬でも葉が落ちたりしませんので、これからの季節でも盆栽をお楽しみいただけます。(鉢が小さいので、水やりは時々霧吹きで与える程度で充分です。)

このほか、あやせさやかオリジナルマッチぽち袋のし紙ポストカードレターセットなどもあります。後日、紹介しますね。

あやせさんは19日(土)お昼〜夕方ぐらいまで在店しております。というか、本当にご近所なので、しょっちゅう顔を出してくださる予定。
猫のフクスケファンの皆さまも、ぜひあやせさんに会いにいらしてください〜。フクちゃんがいかにかわいいかを語ってくれる、かも。
▼写真クリック、オオキクナリマス
mamefuku_111118_04.jpg

◎「旅猫雑貨展」とは……
posted by 店主かねこ at 08:53| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

■雑司が谷みちくさあるき、参加者募集中!

michi_walk2.jpg
雑司が谷 みちくさあるき
第2回テーマ
「観光案内では紹介されない
 ディープな雑司ヶ谷霊園めぐり 
 ーー江戸時代の石仏と墓石をたずねるーー」


◎日時:2011年11月20日(日)
 12:00集合〜15:00頃まで *雨天中止    
◎集合場所:雑司が谷旧宣教師館 入口 >>地図
◎参加費:500円 (資料代込み)
◎募集人数:10人前後
◎申し込み:メール michikusa.walk@gmail.com 宛に、必要事項(氏名/参加人数/連絡先電話番号)を記入してお申し込みください。

◎雑司が谷みちくさあるきブログ
http://michikusa-walk.seesaa.net/

雑司ヶ谷霊園と云うと、漱石、夢二、鏡花など近代作家の墓で有名ですが、今回は、そうしたモノには目もくれず、霊園に遺る、古くてディープな江戸時代の石仏や墓石を巡ります。最も古いものは、慶長年間にまで遡ります。

案内人は、タウン誌『わがまち雑司が谷』の編集補佐・余吾育信さんと、1991〜93年まで発行されていた地域雑誌『坂まち通信』の元編集人で、雑司が谷の地形に精通している写真家・岩田智明さんがつとめます。

雑司が谷という町をもっと知りたい方、地形や地図に興味のある方など、年齢性別問わず気軽にご参加いただける内容です。

◎第1回(5月)の様子は >>こちら!

posted by 店主かねこ at 00:00| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

■高円寺フェス直前!出品物の紹介 [雑貨編]

はい、高円寺フェス直前の、遅すぎる出品物情報、[雑貨編]をお届けします!

当店をご存知の方にはお馴染みの品、しかしこけしファンなら何個でも買って、友達にプレゼントしたくなる品を揃えてお待ちしております。

こけし蒐集家の諸兄には、「こけしグッズ……ねぇ。」と敬遠される方もおられますが、裾野が広いほど、山は高くなります!こけし界の裾野を広げるこけしグッズには、作り手のこけしへの思いがつまっています。それは、こけし初心者にそっと勇気を与え、山登りの最初の1歩を促すアイテムなのです。

mfkokeshi_goods_01.jpg
まずは「こけし、いつでも、ニコし!」でお馴染みの、静岡・花世界さん謹製「こけしのティッシュケース」(4種類)。水に流せるポケットティッシュ付。親切!

fmkokeshi_goods_02.jpg
宮城県は仙台にある佐々木印刷さんが作った「こけし付箋紙(宮城編)」。代金のうち100円が、石巻で保護されているペットへの支援金になります。

mfkokeshi_goods_03.jpg
手刷り、江戸木版画による「こけしの千社札」。機械印刷にはない味わいをお楽しみいただけます。

mfkokeshi_goods_04.jpg
ヲトメの素人古本・はなめがね本舗さん製作の「こけしヘアゴム」。先頃完成したばかりの「目録ハナメガネ 2011年冬号」も配布いたします!

mfkokeshi_goods_05.jpg
盛岡から届いた「こけしふきん」は、新たに「津軽こけしふきん」、りんご柄と2枚セットの「青森ふきん」が、津軽こけし館と津軽こけし工人会の監修でリリースされております。(当日、同じ会場内の津軽こけし館さんのブースでも販売していらっしゃいます)

kokeshijidai_2_01.jpg
雑誌『こけし時代』創刊号、第2号も販売させていただきます。(創刊号は残部僅少です…)

このほか、「こけし小風呂敷」「こけし根付」「こけし耳かき」「郷土玩具かるた」福島応援の「会津赤ベコ」「起き上り小法師」なども販売いたします。当店以外の出展者のみなさんも、相当気合いの入った品揃えをされていますので、この機会をお見逃しなきよう、ご来場ください!
お待ちいたしております。

kouenjifes_banner.gif

posted by 店主かねこ at 23:58| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする