2018年05月16日

■ 真夜中の小人

3FB7FE4A-2659-4238-9B4B-7D31410FCF7E.jpg

レジのすぐ前に置いてある銭亀が、知らない間に不思議な隊列を組んでいることがよくあります。

店番中、必ず視野に入るので、いじっている人がいたら絶対に気がつくはずなのです。おそらく、真夜中に小人さんが動かして遊んでいるんだろうなぁ。

わたしを面白がらせてくれている小人さん、今日もムヒッとしました、ありがとう。


posted by 店主かねこ at 13:59| Comment(0) | □路地裏縁側日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

■ 6月の展示ご案内/第伍回 猫ノフルホン市

F45090B1-EF1C-4C2F-95CD-4F6404C5D19E.jpg
旅 猫 雑 貨 其 の 五 十 四
第伍回 猫ノフルホン市
2018年6月16日(土)〜24日(日)
12時〜19時(土・日 11時〜18時)*会期中無休

会場 旅猫雑貨店にて(地図
http://www.tabineko.jp/shop_info.html


「猫ノフルホン市」は、都内や地方の古本イベントに多数参加している<駄々猫舎>がプロデュースする、「猫」がつく屋号のお店が一堂に集まった古本市です。2014年から始まり、今年で5回目の開催となります。

今回、新たに奈良から「棚ニャ音文庫」さんが参加されます。本当の屋号は「棚音(たなおと)文庫」ですが、猫部として出店されるときは「ニャ」がつくのだそう。どんな本を送ってくださるのかたのしみです。

それから2016年の第3回に参加いただいた山形の「豆ネコbooks」さん、福島の「双猫屋」さんも2年ぶりにお目見えです。豆ネコさんは前回、少女漫画雑誌の付録が大人気、双猫さんは猫の古切手や珍しい猫本なども品揃えされていた、どちらもそのセレクトに注目のお店です。

そして第1回からずっと素敵なDMをデザインしてくださっている「古書錆猫」さんが5月19日(土)に東京・東陽町で実店舗をオープンされます!店名は飼い猫の名前をとって「古本と肴 マーブル」となります。「肴」とはこれいかに? 開店の暁には、ぜひお店を訪ねてみてください!


古本と肴 マーブル(5月19日土曜日オープン)
〒135-0016 東京都江東区東陽4-9-4
*東京メトロ東西線「東陽町駅」1番出口から徒歩3分
https://marblebook.thebase.in


そんな猫屋号のメンバーが14店、旅猫雑貨店に集合するのが猫ノフルホン市です。猫本に限らず、各店の個性的な品揃えをお楽しみいただけます。(もちろん、猫本コーナーもあります!)

6月17日(日)には、駄々猫舎が主催する「DD読書会」を開催します。
DD=駄々猫舎主催のディープな読書会。課題本や著者に関して、しっかり意見交換したり、ファンの方と深く語り合いたい、少人数の読書会です。


第2回 DD読書会 開催概要
課題本:西 可奈子著『きりこについて』(角川書店刊/角川文庫版も有)
日 時:6月17日(日) 14時〜16時頃まで
参加費:500円
定 員:8名
参加条件:課題本を読了しているか、西可奈子の著作でとても好きな作品がある方、もしくは3作品程度読了している方。
お申込:駄々猫舎Twitter(@dadanekochat)ダイレクトメッセージ、または、メール:dadanekochat@gmail.com宛に件名「DD読書会参加希望」として、<お名前/参加人数/当日連絡可能な電話番号>をお知らせください。


*今年は会期中、6月17日(日)に「鬼子母神通り みちくさ市」「雑司が谷手創り市」が開催予定です。雑司が谷散策のコースに「猫ノフルホン市」も加えてお立ち寄りください。

【参加店】
◎かまねこ文庫(岩手)https://twitter.com/kamanekobunko
◎豆ネコbooks(山形)
◎双猫屋(福島)
◎古本と肴 マーブル(東京)https://marblebook.thebase.in
◎ひるねこBOOKS(東京)https://www.facebook.com/hirunekobooks/
◎Cat's Meow Books(東京)https://m.facebook.com/CatsMeowBooks
◎ママ猫の古本や(東京)http://www.mamaneko-furuhon.net/
◎きじねこ堂(神奈川)https://twitter.com/kijinekodou
◎猫企画(神奈川)http://ameblo.jp/neco-kikaku/
◎棚ニャ音文庫(奈良)https://mobile.twitter.com/tanaotobunko
◎レティシア書房(京都)http://book-laetitia.mond.jp/
◎くまねこ書房(大阪)http://blog.livedoor.jp/kumanekosyobou/
◎ねこちゃり(愛媛)http://geroken.wix.com/mitsuhama
◎駄々猫舎(東京)http://dadaneko-chat.seesaa.net/

以上 14店

【企画】駄々猫舎
【DMデザイン】錆猫通信

posted by 店主かねこ at 19:14| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

■ 「モマ笛」入荷しました

F1649AD2-9F78-40A8-9CC0-17EF92CEB38F.jpg
ツイッター、インスタグラム、そしてフェイスブックと、SNSはしょっちゅう更新しているのですが、ブログの方はすっかりご無沙汰してしまいました。

お久しぶりのお知らせは、新着情報です。福岡から津屋崎人形の「モマ笛」大・中・小が届いています。ホーホーと温かみのある音がするフクロウの土笛の歴史は古く、津屋崎で江戸時代(安永1777年〜)から作られているそうです。

お年寄りが食事の前にモマ笛を吹いて、気管を動かすことで誤嚥が防げる、という話がとても好きで、なんとかわいらしい光景なんだろうと想像してしまいます。

時々手にとってこのつぶらな黒目と見つめ合い、そっと笛を吹いてみる...いい玩具だなぁと思います。


店舗にて販売中、通販も承っております。(写真3枚目:手に持っているのは小サイズです)

69CC1AAF-A88D-425A-AC9E-538760E09AA1.jpg

B3154274-330E-4804-8476-BA8F34AB2507.jpg


posted by 店主かねこ at 15:08| Comment(0) | □新着/再入荷のお知らせ | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

2017年12月22日

■ 2018年のスタートは川越で!

新春招福だるま祭りチラシ.jpg

2018年、旅猫雑貨店の最初の参加イベントはこちら!

新春 招福だるま祭り!!
2018年1月4日(木)〜2月4日(日)
*月・火曜 定休日 <入場無料>

会場:川越・アートギャラリー呼友館
〒350-1106 埼玉県川越市小室15-1 いも膳内
049-243-8243

主催:全日本だるま研究会
公式instagram:https://www.instagram.com/darumania/


全日本だるま研究会の会員が長年に渡って収集しただるまコレクション展示のほか、日本全国のだるま産地から、販売用のだるまも数多くやってきます。現地に行かなければ手に入りにくいだるまが購入できたり、日本にはこんなにいろいろなだるまがあるんだなぁ〜と知るだけでも面白いので、ぜひ遊びにいらしてください。旅猫雑貨店は選りすぐりの「だるまグッズ」を販売します。

期間中の週末は、催しも盛りだくさん。ご家族、親子でのご参加もお待ちしています。

1月6日(土)
◎講演『だるまは日本の発明品!』
講師:中村浩訳(全日本だるま研究会 会長)
参加費無料/午後1時〜/先着20名

◎ワークショップ『干支だるまを作ろう!』
絵付け指導:嶋田重夫(小川張子製作者)
参加費700円/午後2時、4時の2回/各回定員15名


1月13日(土)
◎ワークショップ『川越だるま凧を作ろう!』
指導:裏川一雄(川越・入間川凧の会)
参加費300円/午後1時、3時の2回/各回定員15名


1月21日(日)
◎講座『日本各地のだるまさん!』
講師: 中村浩訳(全日本だるま研究会 会長)
参加費無料/午後1時〜/先着20名

◎絵付けワークショップ『川越だるまを作ろう!』
指導:矢嶋美夏(川越だるま製作者)
参加費1,000円/午後2時、4時の2回/各回定員15名

1月27日(土)
◎絵付けワークショップ『節分だるまを作ろう!』
指導:松崎大祐(張子製作者)
参加費700円/午後1時、3時の2回/各回定員15名


*だるま・凧作り体験は、要申し込みです。
<申込み先>
電話:080-1342-2177(山田まで)



posted by 店主かねこ at 20:33| Comment(0) | □イベントのご案内 | 更新情報をチェックする